XFCE - 共通事項 - 画面キャプチャ - xfce4-screenshooter

 クラウディア
1. 概要
2. ショートカットキー設定

1. 概要

 これは、「xfce4-screenshooter」のクリップボードの機能がうまく動作して、かつ、アクティブウィンドウのキャプチャ時におひげ(周辺の不要な余白)がついていない場合に、わたしの行う設定です。  以下、「ArcoLinux 19.12.15」での画像です。  これは、で確認しました。  「xfce4-screenshooter」のバージョンは

$ xfce4-screenshooter --version
xfce4-screenshooter 1.9.7
 ということになっています。

2. ショートカットキー設定

 ショートカットキーを以下のように変更します。
 キー   デフォルト   変更後の設定 
Print 全画面キャプチャモードでインタラクティブに起動 全画面をキャプチャしてクリップボードにコピー
Ctrl+Print アクティブウィンドウキャプチャモードでインタラクティブに起動 アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードにコピー


 「スタート」→「設定」→「設定マネージャー」

「XFCE 共通事項」-「スタート」→「設定」→「設定マネージャー」

 「ハードウェア」「キーボード」

「XFCE 共通事項」-「設定マネージャー」

 「アプリケーションショートカットキー」タブで
 Print に割り当てられている、「xfce4-screenshooter -f」を選択して
 「編集」
 (ショートカットキーが見えないのが難です)

「XFCE 共通事項」-「キーボード」「アプリケーションショートカットキー」

 「Command」欄の
 「xfce4-screenshooter -f」を
 「xfce4-screenshooter -c -f」に書き換えて
 「OK」

「XFCE 共通事項」-「ショートカットのコマンド」

 Print

「XFCE 共通事項」-「コマンドショートカット」

 「'xfce4-screenshooter -c -f' で使う」

「XFCE 共通事項」-「アクションの衝突」

 同様に、Ctrl+Print に割り当てられている、「xfce4-screenshooter -f」を選択して、「xfce4-screenshooter -c -w」に変更します。


Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド