FreeBSD - デスクトップ環境構築 - MATE - FreeBSD 12.0 - 環境構築 - Slim

 
1. 概要
2. pkg
3. シャットダウンユーザの設定
4. /etc/rc.conf 編集
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. ログインマネージャ起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。
システムFreeBSD 12.0 RELEASE(VirtualBox 上の amd64)
ログインマネージャSlim
日本語入力fcitx-mozc

 VirtualBox の Guest Additions は「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. pkg


pkg install xorg
pkg install japanese/font-std
pkg install ja-fcitx-mozc
pkg install zh-fcitx-configtool
pkg install x11/slim
pkg install slim-themes
pkg install x11/mate

3. シャットダウンユーザの設定

 一般ユーザからもシャットダウンできるようにします。  逆に、一般ユーザからシャットダウンさせないようにするにはこの手順を行わないでください。  下記のファイルを作成して

/usr/local/etc/polkit-1/localauthority/50-local.d/org.freedesktop.consolekit.pkla
 以下のように記述します。

[Local restart]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local restart - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.restart-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Local shutdown - multiple]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.consolekit.system.stop-multiple-users
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes

[Suspend Hibernate]
Idendity=unix-group:power
Action=org.freedesktop.upower.*
ResultAny=yes
ResultInactive=yes
ResultActive=yes
 電源操作用のグループを作成します。

pw groupadd power

/etc/group
 の power に wheel,operator,power を追加します。

power:*:1002:wheel,operator,power	←	1002 はタイミングによって変わります。: 以降を追加しています。

4. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。

/etc/rc.conf
 に以下の行を加えます。

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"

5. ユーザ用初期化ファイルの作成


~/.xinitrc
 というファイルを作成し、以下のように記述します。

#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
#
setxkbmap -layout jp
#
exec $1
 新規ユーザのために作成したものを /usr/share/skel にコピーしておきます。

cp /home/ユーザ名/.xinitrc /usr/share/skel/dot.xinitrc

6. ログインマネージャ起動

 上記までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。
MATE - FreeBSD 12.0 - ログイン画面

 デフォルトのデスクトップはこんな感じになっています。

MATE - FreeBSD 12.0 - デフォルトのデスクトップ

 2018年12月21日時点の MATE のバージョンは 1.20.0 でした


> pkg info mate
mate-1.20.0
Name           : mate
Version        : 1.20.0
Installed on   : Fri Dec 21 09:51:36 2018 JST
Origin         : x11/mate
Architecture   : FreeBSD:12:*
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11 mate
Licenses       :
Maintainer     : gnome@FreeBSD.org
WWW            : http://www.FreeBSD.org/gnome/
Comment        : "meta-port" for the MATE integrated X11 desktop
Annotations    :
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 0.00B
Description    :
MATE is a fork of GNOME 2.

It provides an intuitive and attractive desktop to users using
traditional metaphors.

--

Where does the name come from?

The name "MATE" comes from yerba mate, a species of holly native
to subtropical South America. Its leaves contain caffeine and are
used to make infusions and a beverage called mate.

--

This metaport installs MATE base (lite, a lean desktop) plus
extras applications such as text editor, archiver manager and
etc. If you do not want to have the bloats, please install
x11/mate-base.

WWW: http://www.FreeBSD.org/gnome/
 
 
カウンタバックグラウンド