MATE - FreeBSD 11.2 RELEASE - 基本操作 - 日本語入力の設定 - UIM-MOZC

 
1. 概要
2. 日本語キーボードの設定
3. 確認

1. 概要

 2018年3月8日に記述した手順では、日本語入力に UIM-MOZC をインストールしています。  日本語キーボードの設定を行えば、半角/全角 キーで日本語入力できるようになります。

2. 日本語キーボードの設定

 「スタート」→「システム」→「設定」→「ハードウェア」→「キーボード」
「MATE FreeBSD 11.2」-「スタート」→「システム」→「設定」→「ハードウェア」→「キーボード」

 「レイアウト」タブで
 「追加」

「MATE FreeBSD 11.2」-「キーボードの設定」

 「国」コンボボックスで日本は一番下から2番目にありました。
 「系列」でたいていのキーボードは「日本語」を選択します。
 「追加」

「MATE FreeBSD 11.2」-「レイアウトの選択」

 「上に移動」で先頭へ移動して
 「閉じる」

「MATE FreeBSD 11.2」-「キーボードの設定」「日本語追加」

3. 確認

 「Xterm」あたりを開いて  文字を入力して 半角/全角 キーで入力が切り替わることを確認します。
「MATE FreeBSD 11.2」-「UIM-MOZC」「日本語入力確認」

 
 
カウンタバックグラウンド