デスクトップ環境 - MATE - 共通事項 - 画面キャプチャ - xfce4-screenshooter

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. クリップボードマネージャ
4. ショートカットキー

1. 概要

 前ページで紹介している、「mate-screenshot」は、「MATE」をインストールした時点でほぼ使えます。  仮に「mate-screenshot」がインストールされていないとしてもパッケージとして、「mate-utils」はほぼ漏れなく、用意されているので問題なく使えるはずです。  しかしまぁ、「xfce4-screenshooter」「xfce4-clipman」がパッケージに存在していれば、バックグラウンドでショートカットキー一発で、クリップボードへコピーできるので、そちらの方が使い勝手がいいかもしれません。  以下のプラットフォームでは、残念ながら、「xfce4-clipman」がうまく機能してくれませんでしたので、素直に「mate-screenshot」を使用することにします。 ・Fedora ・Linux Mint ・Ubuntu MATE  「MX Linux」、「19.2」ではうまくいったのに「19.3」では、クリップボードが機能してくれませんでした。  「ArcoLinux」「Garuda Linux」「Manjaro」では、うまくいきます。  つまり、「Arch Linux」系は、うまくいく?

2. インストール

 「root」ユーザで。  「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-screenshooter-plugin xfce4-clipman-plugin
 「ArcoLinux」「Garuda Linux」「Manjaro」

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin
 「MX Linux」

apt install -y xfce4-screenshooter xfce4-clipman

3. クリップボードマネージャ

 ログイン時に「xfce4-clipman」を起動するようにします。  「FreeBSD」で、ログインマネージャに「SDDM」を使用している場合  「root」ユーザで

sh
cat << 'EOF' >> /usr/share/skel/dot.xsession

/usr/local/bin/xfce4-clipman &
EOF
exit
 ログインユーザで

cp /usr/share/skel/dot.xsession ~/.xsession
 以下、ログインユーザで  「ArcoLinux」「Garuda Linux」「Manjaro」

sh
cat << 'EOF' >> ~/.xprofile
/usr/bin/xfce4-clipman &
EOF
exit
 (「ArcoLinux」では、上記のコピペが機能しないことがありますので、ご注意ください)  「MX Linux」

mkdir -pv ~/.config/autostart

sh
cat << 'EOF' >> ~/.config/autostart/xfce4-clipman.desktop
[Desktop Entry]
Type=Application
Name=xfce4-clipman
Exec=/usr/bin/sh -c "/usr/bin/xfce4-clipman &"
EOF
exit
 ログインしなおせば、「xfce4-clipman」が起動しています。

4. ショートカットキー

 下記のショートカットキーを設定します。
 キー   コマンド    動作    備考 
Print xfce4-screenshooter -c -f 全画面をキャプチャしてクリップボードへコピー
Alt+Print xfce4-screenshooter -c -w アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードへコピー

 ショートカットキーの設定に関しては、本節の後ろ方のページで・・・。

ハイスピードプランJETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド