デスクトップ環境 - 共通事項 - キーボードフック sxhkd - 定義

 クラウディア
1. 概要
2. ファイル
3. 記述
4. 特殊キー

1. 概要

 定義ファイルの置き場所と記述方法を・・・。

2. ファイル

 定義ファイルは、プレーンテキストで

~/.config/sxhkd/sxhkdrc
 というファイル名になります。  作成するならば

mkdir -pv ~/.config/sxhkd
touch     ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
 違う場所に置いている場合は、「sxhkd」起動時に

sxhkd -c パス/ファイル名
 の形式で読み込ませることができます。

3. 記述

 簡単な例で。  「xfce4-screenshooter」で、Print で全画面をクリップボードにコピー、Ctrl+Print でアクティブウィンドウをクリップボードにコピーしたい場合。  以下のように記述します。

Print
    xfce4-screenshooter -c -f

ctrl + Print
    xfce4-screenshooter -c -w
 一発で、この記述だけ済ますならば。

mkdir -pv ~/.config/sxhkd

sh
cat << 'EOF' >> ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
Print
    xfce4-screenshooter -c -f

ctrl + Print
    xfce4-screenshooter -c -w
EOF
exit

4. 特殊キー

 特殊キーは、以下のように記述します。
 キー   記述   備考 
Ctrl ctrl
Win super
Alt alt
Enter Return
Space space
Shift shift
ESC Escape
Print Print

 キーの組み合わせを記述する際は、スペースをあけて、「+」でつなげて、キーを記述し、改行して、TAB もしくは空白をあけて、動作を記述します。


ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド