デスクトップ環境 - 共通事項 - キーボードフック sxhkd - 概要

 クラウディア
1. 概要

1. 概要

 「sxhkd」は、キーボードショートカットキーを定義する強力なプログラムです。  詳細は、「sxhkd - ArchWiki」あたりをご参照ください。  タイル型デスクトップの「bspwm」では、デスクトップのふるまいとキー定義が分かれていて、キー定義は、「sxhkd」でおこなっています。  「bspwm」のみならず、他のデスクトップでも定義困難なキーが「sxhkd」で定義できます。  「ArcoLinux」では、たいていのデスクトップで「sxhkd」を使用して定義しているようです。
ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド