デスクトップ環境構築 - 共通事項 - タスクマネージャ Conky - シンボル(変数)

 
1. 概要
2. シンボル(変数)
3. システム情報

1. 概要

 「Conky」で使用する、シンボル(変数)です。  わたしが実際に使用して、確認しているものを記述します。  バージョンによる違いがあるかもしれません。  本項は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
TEXT内に記述されるConky変数一覧 8(システム情報・ファイル制御関係) | PCとサイト制作の小技備忘録

2. シンボル(変数)

 使用する際は、「$シンボル」とするのが、基本形で、パラメータ等を使用する場合は「${シンボル パラメータ}」という書き方をします。
種 類 シンボル 意 味 備 考
環境 conky_version Conky のバージョン
desktop_name デスクトップ名 「Workspace 1」等
kernel カーネルバージョン
machine CPU アーキテクチャ
nodename ホスト名
sysname オペレーティングシステム名
実行 exec 追而書
execi 追而書

3. システム情報

 システム情報の表示方法です。  「.lua」形式で記述します。

${タイトル色定義}System :$color $sysname $kernel $machine
 と記述すれば

System :オペレーティングシステム名 カーネル情報 マシンアーキテクチャ
 が表示されます。  ここは、もう一度書き直し 追而書  「lsb_release」コマンドが存在して、「-ds」オプションが有効であれば

${タイトル色定義}Release:$color ${execi 999999 lsb_release -ds | sed "s/\"//g"}
 と記述すれば

Distrb:ディストリビューション名 (バージョン) (コード名)
 が表示されます。  末尾の方の「| sed "s/\"//g"」は、ダブルコーテーションを亡き者にしています。  ディストリビューションによっては、ダブルコーテーションで囲まれるので、ちょっと不細工に見えるからです。

${タイトル色定義}Conky  :$color $conky_version
 と記述すれば

Conky  :Conkyのバージョン
 が表示されます。
 
 
カウンタバックグラウンド