デスクトップ環境構築 - 共通事項 - タスクマネージャ Conky - - 設定ファイル

 
1. 概要
2. ファイル指定
3. ファイル作成

1. 概要

 「Conky」の設定ファイルの置き場所・ファイル名は、環境によっていろいろ変わるようですが。

~/.conkyrc
 というものと

~/.config/conky/conky.conf
 というものとがあります。  バージョン「1.10」「1.11」どちらも、上記どちらでも読みこんでくれるようです。  ただし後者の方が、現時点(2019年11月13日)では正式なもののようです。  「conky-1.11.4」のマニュアルによれば、システム用が

${sysconfdir}/conky/conky.conf
 で、ログインユーザ用が

~/.config/conky/conky.conf
 となっています。  システム用が、「${sysconfdir}」の下というのは、とても納得のいく話です。  このシンボルであれば、すべてのプラットフォームに通用します。

2. ファイル指定

 どこでも、どんな名前でも対応できるように

conky -c [パス/]ファイル名
conky --config=[パス/]ファイル名
 上下、どちらかの形式にしておけば、「[パス/]ファイル名」をコンフィグレーションファイルとして読みこんでくれます。  ただし、「~/」のホームディレクトリ指定はできないときがあり、「$HOME/」と書く必要があります。

3. ファイル作成

 プラットフォームによって、元ネタが変わってくるので(FreeBSD だと「/usr/local/share/examples/conky/conky.conf」、Linux だと「/etc/conky/conky.conf」)・・・困っていたのですが。  これも、マニュアルを読んで納得しました。  正しくは、

mkdir -pv ~/.config/conky
conky --print-config > ~/.config/conky/conky.conf
 で作成します。  ただし、バージョンもしくは、他の感興によって、「-C」オプションが機能しないことがあります。  その場合は、しかたなくシステムのコンフィグレーションファイルからコピーすることになります。  わたしが実際に試したもので、対応状況を記しておきます。
ディストリビューションversion Conky version -C 備考
antiX 19 1. 9.0
ArcoLinux 19.06.1 1.11.3_pre
ChaletOS 16.04.2 1. 9.0
deepin 15.10.1 1.10.6
elementary OS5.0 1.10.6
Fedora 31 1.11.5_pre /etc/conky/conky.conf GNOME で確認
Linux Mint 19.2 1.10.8 Cinnamon で確認
Mageia 7 1.11.3_pre /etc/conky/conky.conf MATE で確認
Manjaro 18.1.0 1.11.5_pre XFCE で確認
MX Linux 19.1 1.10.8
OpenMandriva 4.0 1.11.4_pre /etc/conky/conky.conf
openSUSE 15.0 1.10.6
PCLinuxOS 201909 1.11.5_pre MATE で確認
ROSA R11 2016.1 1.10.8_pre /etc/conky/conky.conf XFCE で確認
Slackware 14.2 Conky のパッケージなし
Solus 4.0 1.11.5_pre BUDGIE で確認
SparkyLinux 5.9 1.10.8 awesome で確認
Ubuntu 19.10 1.10.8 Ubuntu(GNOME)で確認
Zorin OS 15 1.10.8

 「-C」の欄に「○」のついているものは、「-C」「--print-config」オプションが有効です。
 「○」でないものは、コンフィグレーションファイルのコピー元を示しています。

 (「FreeBSD」は、ディストリビューションでなく、オペレーティングシステムです。
   その他のものは、「Linux」のディストリビューションです。)


 
 
カウンタバックグラウンド