デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力 - Fcitx - スキン

 クラウディア
1. 概要
2. デフォルトの三種類
3. Fcitx 設定での変更

1. 概要

 「スキン」・・・、いい訳が思い浮かびません。  「見た目」っていうことでしょうか。  日本語入力切替時や、デフォルトの候補を表示するときの見た目、ですね。  デフォルトで三種類用意されています。

2. デフォルトの三種類

 パネル上のキーボードアイコンを右クリックして切り替えます。  ちょうど、スキンの違いも分かりますので、表示してみます。  「default」
「Fcitx スキン」-「default」


 「classic」

「Fcitx スキン」-「classic」


 「dark」

「Fcitx スキン」-「dark」

 わたしの好みは、締まって見えるので、「dark」かな。
 プラットフォームによっては、スキンのプラグインも用意されているようです。

3. Fcitx 設定での変更

 前項のように、パネルのキーボードアイコンから操作できると簡単ですが、「xmonad」のような、キーボードアイコンを表示することができない(今んとこ「2020年7月17日」ね)ものでは、「Fcitx 設定」で変更します。  「xmonad」のものが一番、難航したので、「xmonad」を例にとります(「FreeBSD 11.4 RELEASE」「hs-xmonad-0.15_4」)。  「Fcitx 設定」を起動して  「アドオン」で「Classic」を選択して  「設定」
「xmonad」-「Fcitx 設定」

 「クラシック UI」の最下部
 「スキン名」を変更すれば、スキンを変更することができます。

「xmonad」-「クラシック UI」

高速大容量レンタルサーバ10G
 
 
カウンタバックグラウンド