FreeBSDデスクトップ環境 - 共通事項 - 日本語入力 - fcitx - 設定状況の調査(fcitx-diagnose)

 
1. 概要
2. 実行
3. 有効な入力メソッドがありません
4. クラッシュログ

1. 概要

 「fcitx」をインストールして、設定まで行ったのに、日本語入力が有効にならない・・・。  こういうときに役に立つのが「fcitx-diagnose」です。

2. 実行

 起動は簡単です。  グラフィックログインして、端末を開き、ログインユーザのまま

fcitx-diagnose
 と一発叩きます。  カラーのモニタ(イマドキ(2019年10月9日)カラーでないモニタもないか・・・)であれば、カラフルにいろいろと表示されます。

3. 有効な入力メソッドがありません


## 入力メソッド:
1.  0 の有効な入力メソッドを見つけました:

2.  既定の入力メソッド

    **有効な入力メソッドがありません。**
 という表示がでているときは、「fcitx」が起動されていないときが多いです。

4. クラッシュログ

 「fcitx-diagnose」では、クラッシュログの出力も行うのですが、「fcitx」がこけたことがなかったので、どんなログか知らなかったのですが、「PCLinuxOS 201909 MATE」で、そういう事象に出くわしたので、記録しておきます。  こんな風に出力されました。

# ログ:
1.  `date`:

        2019年 10月  9日 水曜日 14:58:21 JST

2.  `~/.config/fcitx/log/`:

        合計 4
        -rw-r--r-- 1 hogehoge hogehoge 753 10月  9 14:56 crash.log

3.  `~/.config/fcitx/log/crash.log`:

        =========================
        FCITX 4.2.8.3 -- Get Signal No.: 11
        Date: try "date -d @1570600595" if you are using GNU date ***
        ProcessID: 2824
        fcitx[0x4015c0]
        /lib64/libc.so.6(+0x3de50)[0x7fc10c39be50]
        /lib64/libc.so.6(+0x169ae1)[0x7fc10c4c7ae1]
        /usr/lib64/fcitx/fcitx-xim.so(+0xd3e1)[0x7fc1000683e1]
        /usr/lib64/fcitx/fcitx-xim.so(+0x5cfd)[0x7fc100060cfd]
        /usr/lib64/fcitx/fcitx-xim.so(+0x4019)[0x7fc10005f019]
        /usr/lib64/libfcitx-core.so.0(FcitxModuleInvokeOnAddon+0x67)[0x7fc10c9945f7]
        /usr/lib64/fcitx/fcitx-x11.so(+0x3b11)[0x7fc109999b11]
        /usr/lib64/libfcitx-core.so.0(+0x9bee)[0x7fc10c984bee]
        /usr/lib64/libfcitx-core.so.0(FcitxInstanceRun+0x4d)[0x7fc10c9853fd]
        fcitx[0x400f58]
        /lib64/libc.so.6(__libc_start_main+0xeb)[0x7fc10c384e2b]
        fcitx[0x400fcd]
 
 
カウンタバックグラウンド