FreeBSDデスクトップ環境 - 共通事項 - 日本語入力 - 起動・設定の記述先

 
1. 概要
2. 設定の記述先

1. 概要

 例えば、Linux のディストリビューションによっては、日本語でインストールすると、ログイン時には日本語入力システムが起動しているように、自動で設定までやってくれるものもあります。  ディストリビューションによっては、自力で起動スクリプトを記述することになります。  FreeBSD では、基本的に、起動スクリプトは自分で書くことになります。  では、なんのスクリプトに書くか・・・これが、どうもログインマネージャ(一般的にはディスプレイマネージャ)によって異なるようです。  また、スクリプトとは別に、設定ファイルをどこに書くか、これもログインマネージャやディストリビューションによって異なるようです。  わたしが、自分で確かめたものを以下に一覧表記します。

2. 設定の記述先

ログインマネージャ 記述ファイル 確認環境 備考
GDM ~/.xprofile 「FreeBSD 11.2 GNOME」
LightDM 「ArcoLinux 19.06.1 MATE」
PCDM 「Trident 19.06」
SDDM /etc/environment 「ROSA R10 XFCE」
Slim ~/.xinitrc
/etc/environment 「antiX 19」


 「ArcoLinux 19.06.1 MATE」で「fcitx-mozc」を使用の際は


~/.xprofile
 に、以下のように記述しました。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
 「ROSA R10 XFCE」で「scim-anthy」を使用の際は

/etc/environment
 に、以下のように記述しました。

GTK_IM_MODULE=scim
XMODIFIERS=@im=scim
QT_IM_MODULE=scim
 「antiX 19」で「scim-mozc」を使用の際は

/etc/environment
 に、以下のように記述しました。

GTK_IM_MODULE=fcitx
XMODIFIERS=@im=fcitx
QT_IM_MODULE=fcitx
 
 
カウンタバックグラウンド