FreeBSDデスクトップ環境 - 共通事項 - 日本語入力 - 日本語の等幅フォントを使用する

 
1. 概要
2. 置き場所
3. 確認

1. 概要

 Eclipse を使ったりするので、日本語の等幅フォントを使いたかったのです。  使うフォントは、2018年9月19日現在、本サイトで採用している Migu 1m です。  Migu 1m のダウンロードや展開に関しては「Eclipse - エディタ関連 - 太文字フォントはカラムがずれる」をご参照ください。  他の Linux はよう知らんのですが CentOS だとユーザディレクトリに .font ディレクトリを置いてその中に配置すればよいのですが、FreeBSD は少し方法が違ったのでメモです。

2. 置き場所

 少なくとも、FreeBSD 11.2 RELEASE では、フォントの置き場所は

/usr/local/share/fonts
 なのですが、その直下はディレクトリでざっと以下ようなディレクトリ構成になっています。

> ll /usr/local/share/fonts
total 208K
drwxr-xr-x  14 root wheel   512 Sep 15 09:31 ./
drwxr-xr-x 153 root wheel  3072 Sep 18 12:48 ../
drwxr-xr-x   2 root wheel 69120 Sep 14 19:19 100dpi/
drwxr-xr-x   2 root wheel 79360 Sep 14 19:19 75dpi/
drwxr-xr-x   2 root wheel  1024 Sep 14 19:23 OTF/
drwxr-xr-x   2 root wheel  1024 Sep 19 16:44 TTF/
drwxr-xr-x   2 root wheel  1536 Sep 14 19:17 Type1/
drwxr-xr-x   2 root wheel   512 Sep 15 09:31 cantarell/
drwxr-xr-x   2 root wheel  3072 Sep 14 19:18 cyrillic/
drwxr-xr-x   2 root wheel  1536 Sep 14 19:17 dejavu/
drwxr-xr-x   3 root wheel  2048 Sep 14 19:17 encodings/
drwxr-xr-x   2 root wheel 15360 Sep 14 19:18 misc/
drwxr-xr-x   2 root wheel   512 Sep 14 19:23 std.ja_JP/
drwxr-xr-x   2 root wheel  1024 Sep 14 19:16 util/
 わたしの使いたいフォントは Migu 1m でフォントファイルは下記のものです。

migu-1m-regular.ttf
migu-1m-bold.ttf
 この場合、これらのファイルを

/usr/local/share/fonts/TTF/
 に置いちゃうってのもあるのでしょうが、本体は

/usr/home/hogehoge/font/
 配下に置いて、シンボリックリンクをはることにしました。

cd /usr/local/share/fonts/TTF
ln -s /usr/home/hogehoge/font/Migu1M/migu-1m-bold.ttf migu-1m-bold.ttf
ln -s /usr/home/hogehoge/font/Migu1M/migu-1m-regular.ttf migu-1m-regular.ttf
 これで再起動をかけると有効になります。  (もしかしたら再起動しなくても有効になっているのかもしれませんがまだ試していません)

3. 確認

 「システム」→「コントロールセンター」

 「外観の設定」


 「フォント」タブで確認だけなのでどのフォントでもよいのでクリック


 フォントの候補に Migu 1M が表示されるのが確認できました。