デスクトップ環境 - 共通事項 - XTerm - cannot load font

 
1. 概要
2. フォントインストール
3. 設定
4. 確認

1. 概要

 「Xterm」で漢字を使いたくて、端末越しに起動しようとすると

$ xterm
xterm: cannot load font "-misc-fixed-medium-r-semicondensed--13-120-75-75-c-60-iso10646-1"
 てな、エラーが表示されることがあります。  実際、この状態で漢字を入力すると
「XTerm」-「日本語が文字化け」

 てな具合に、文字化けを起こします。

 本稿は、「The X Window User HOWTO: フォントと色について」を参考にさせていただきました。

2. フォントインストール

 これは、日本語に対応した、フォントがインストールされていないために発生します。  フォントのパッケージが、リポジトリに存在するならば、インストールすることで解消します。  パッケージ管理コマンドや、パッケージ名が、オペレーティングシステムやディストリビューションで異なるのが厄介ではありますが・・・。  例えば、「Manjaro」の場合、root ユーザで

pacman -S xorg-fonts-misc
 「PCLinuxOS」では、「Synaptic」で、「fonts-misc」を検索して、インストールします。

3. 設定

 フォントインストール後、X サーバに更新を反映するために、root ユーザで

mkfontdir
 フォントパスを、再読込させるために、GUI している、ログインユーザで、端末を開いて

xset fp rehash

4. 確認

 以上のインストール、設定を行えば、「Xterm」で、日本語が表示できるようになります。
「XTerm」-「日本語表示」


 
 
カウンタバックグラウンド