FreeBSDデスクトップ環境 - 共通事項 - XTerm - 設定

 
1. 起動
2. サイズ変更
3. 色変更
4. ログインし直さずに設定を範囲

1. 起動

 画面は、「XFCE」のものを使用しています。  「XFCE」では  「スタート」→「システム」→「Xterm」
FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - XTerm - XFCE -「スタート」→「システム」→「Xterm」

 起動直後の状態です。

FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - XTerm - XFCE - 起動直後

2. サイズ変更

 []XTerm」の画面サイズは、おそらく昔のコンソールの名残でデフォルトで 80カラム 25行になっています。  現在の画面では、いささか物足りない大きさなので、サイズを変更します。

vi ~/.Xresources
 以下の1行を追加(なければ作成)します。

XTerm*geometry          : 130x40
 これは、130カラム 40行の設定です。  X と T が大文字なので間違えないように。わたしはいつも T の字を小文字にして設定が反映されなくて「?」になってしまいます。  設定後、いったんログアウトして、ログイン後、Xtem を起動すると設定が反映されています。
FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - XTerm - XFCE - サイズ変更後

3. 色変更

 デフォルト設定では、背景色が白、文字が黒になっていますが、わたしの vim の配色が、背景色が黒、文字が白のため、大変見にくい状況になっています。  配色を変更します。  本項は「XTermの設定 - heruwakameのブログ」を参考にさせていただきました。

vi ~/.Xresources
 以下の2行を追加します。

XTerm*background : black
XTerm*foreground : white
 設定後、いったんログアウトして、ログインして、Xtem を起動します。
FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - XTerm - XFCE - 色変更後

 参考サイトによれば、色は RGB 指定もできるようです(単位は調べていません)。


XTerm*background : rgb:20/20/20
 てな感じ。  その他、以下のような設定もできるようです(これもそれぞれの意味は調べていません)。

XTerm*utf8 : 1
XTerm*locale : true
XTerm*selectToClipboard : true
XTerm*faceName : 'Monospace'
XTerm*forcePackedFont : false
XTerm*faceSize : 12
XTerm*saveLines : 2000
XTerm*cjkWidth : true
XTerm*rightScrollBar : true
XTerm*scrollBar : true

4. ログインし直さず設定を反映

 前項までのように設定を変更した場合、基本的には、ログインし直すことで、反省するのですが。  細かい調整をしているときに、いちいちログインし直すのは、ちょっと面倒です。  そういうときは、端末上で

xrdb ~/.Xresources
 とすることで、すぐに反映できます。  そのまま「XTerm」を起動すればいいので、一連の流れでやるならば

xrdb ~/.Xresources; xterm
 
 
カウンタバックグラウンド