FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 光学ディスクライティング - xfburn

 
1. 概要
2. インストール
3. 操作

1. 概要

 FreeBSD では必要ないかなと思っていたところ、急に必要となる場面が出てきたのでインストールしたのがこれです。  しかし、使い勝手の点で次節の Brasero に乗り換えようかと思っています。

2. インストール

 pkg でも OctoPkg でも「xfburn」でインストールできます。

3. 操作

 画面は xfce のものを使用しています。  どうも一般ユーザでは書き込みができないようです。一般ユーザで起動すると以下のようなダイアログが表示されてしまいます。
FreeBSD - デスクトップ - xfburn - 一般ユーザで起動時のダイアログ

 root ユーザでログインして
 xfburn を起動します。例題ではデータディスクを作成しますので
 「新規データコンポジション」

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - 新規データコンポジション

 「ボリューム名」の欄を編集すれば CDのラベル名を編集できます。
 「追加」で書込対象のファイルを選択したり、ファイルマネージャを起動してそこからドラッグ&ドロップすることもできます。

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - 新規データコンポジション - 追加

 書込対象を選択し終えたら「書き込みを開始する」

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - 書き込みを開始する

 内容を確認して「コンポジションを焼く」

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - コンポジションを焼く

 100% になるまで待って

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - コンポジションを焼きこんでいます

 書込が完了すれば、ディスクが排出されます。「閉じる」

FreeBSD - デスクトップ - xfburn - 閉じる

 
 
カウンタバックグラウンド