デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント - Thunderbird - インストール・日本語化

 
1. パッケージ
2. 日本語化

1. パッケージ

 pkg は

> pkg install thunderbird-i18n
 OctoPkg でインストールするのであれば、[thunderbird-i18n] で検索してインストールします。
デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird - Octopkg 検索

2. 日本語化

 デフォルトは英語版ですので、日本語化します。  上のバーを右クリック → [Menu Bar] を選んでメニューバーを表示させます。
デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird - Menu Bar

 メニューバーから
 [Tools] → [Add-ons]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「Tools」→「Add ons」

 [Languages] タブで
 [Japanese Language Pack] を探して
 [Enable]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「Japanese Language Pack」

 [Edit] → [Preferences]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「Edit」→「Preferences」

 [Advanced] タブで
 [Config editor]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「Advanced」タブ→「Config editor」

 警告のダイアログが表示されますが
 [I'll be carefull, I promise!]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「警告」

 [search] 欄に [general.useragent.local] と入力します(途中で候補は絞れます)。

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「search」→「general.useragent.local」

 [general.useragent.local]
 [en-US] を [ja-JP] に書き換えて
 [OK]

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird -「general.useragent.local」「ja-JP」

 これで Thunderbird を閉じて、起動すれば、日本語表示となっています。

デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メールクライアント -  Thunderbird - 日本語化後