デスクトップ環境構築 - 共通事項 - ClamTk - 概要・インストール - アイコン 'gtk-new' はテーマ Adwaita の中にありません

 
1. 概要
2. アイコンテーマインストール
3. アイコンテーマ変更

1. 概要

 これは、2019年7月30日、「Mageia 7」の下記のバージョンで発生しました。
「ClamTk」-「バージョン情報」

 というか、現象が発生したままならば、上記の画像をとることもままならなかったのです。
 何しろ、起動しないのだから・・・。

 起動しても、いつまでたってもウィンドウが開かないし、「pgrep」で見ると「clamtk」がいない。

 仕方ないので、コマンドラインから起動しようとすると


Wide character in subroutine entry at /usr/lib64/perl5/vendor_perl/Glib/Object/Introspection.pm line 67.
アイコン 'gtk-new' はテーマ Adwaita の中にありません at /usr/lib64/perl5/vendor_perl/Glib/Object/Introspection.pm line 67.
 てなことを言って、落ちる。

2. アイコンテーマインストール

 要は、アイコンの中に「gtk-*」というものがないので、落ちているのですが・・・。  おそらくは、「Adwaita」というアイコンテーマのバージョンが「ClamTk」のバージョンとあっていない?  「gtk-*」の存在するアイコンテーマがあればよし、なければまず「gtk-*」の存在するアイコンテーマをインストールします。  「Mageia 7」の場合は「Faenza」というアイコンテーマの中に「gtk-*」が存在しました。  インストールします。

urpmi faenza-icon-theme

3. アイコンテーマ変更

 デスクトップのプログラムでアイコンテーマ変更ができるものならば、それを利用してアイコンテーマをインストールしたものに変更します。  「IceWM」には、それが明確にわからなかったもので、苦し紛れ。  現在のテーマ「Adwaita」を「Faenza」と入れ替えちゃいます。  root ユーザで

mv /usr/share/icons/Adwaita /usr/share/icons/Adwaita_
mv /usr/share/icons/Faenza  /usr/share/icons/Adwaita
 まぁ、無茶苦茶ではありますが・・・。  プログラムがこけるよりは、良い。  これで、起動できるようになります。
 
 
カウンタバックグラウンド