FreeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - ClamTk - アンチウィルスのシグネチャが...

 
1. 概要
2. ウィルス定義を更新

1. 概要

 以下、「Fedora 30 GNOME」での画面・操作にになります。  インストール終了して、起動すると  「アンチウィルスのシグネチャが期限切れです」と表示されていることがあります。
「ClamTk」-「アンチウィルスのシグネチャが期限切れです」

2. ウィルス定義を更新

 前項の画面で「アップデートアシスタント」  「自分でシグネチャをアップデート」にチェックをいれて  「適用」
「ClamTk」-「アップデートアシスタント」

 トップの画面に戻って
 「アップデート」

「ClamTk」-「アップデート」

 「アップデートの確認」を「OK」

「ClamTk」-「アップデートの確認」

 少し時間がかかりますが、アンチウィルスの定義が更新されます。

「ClamTk」-「アップデート後」

 トップ画面に戻ると「アンチウィルスのシグネチャが期限切れです」の表示が消えています。

「ClamTk」-「アップデート後のトップ画面」