メニュー - jgmenu - 設定

 クラウディア
1. 概要
2. 定義作成
3. 表示位置
4. フォント
5. 項目名
6. 追加

1. 概要

 以下、「jgmenu」の設定に関して・・・。  インストールに関しては、「インストール」のページをご参照ください。

2. 定義作成

 以下、ログインユーザで。  下記のコマンドで、コンフィグレーションファイルを作成します。

jgmenu_run init
 下記のファイルが、「jgmenu」のコンフィグレーションファイルになります。

~/.config/jgmenu/jgmenurc
 通常は、デフォルトの表示位置が、左下で、コンフィグレーションファイルは、すべてコメントアウトされています。

3. 表示位置


# menu_margin_x = 0
# menu_margin_y = 0
# menu_width = 200
# menu_height_min = 0
# menu_height_max = 0
# menu_height_mode = static
# menu_padding_top = 5
# menu_padding_right = 5
# menu_padding_bottom = 5
# menu_padding_left = 5
# menu_radius = 1
# menu_border = 0
# menu_halign = left
# menu_valign = bottom
 のあたりをいじります。  27、28行で、表示位置をデスクトップ上、四隅のどの位置に表示するかを決めます。  15~16、21~24行で、基点からの相対位置を決めます。  左上に表示して、上にバーがある場合。

menu_margin_x = 10
menu_margin_y = 30

menu_valign = top
 てな感じで調整します。

4. フォント

 フォント変更は(あくまでも、わたしの好みだってば)。

# item_height = 25
# item_padding_x = 4
# item_radius = 1
# item_border = 0
# item_halign = left
# sep_height = 5
# sep_halign = left
# sep_markup =
# font =
 フォントにも影響されますが、項目間がわたしには、広すぎるので

# item_height = 23
 フォント自体の設定(あくまでも、わたしの好みだってば)。

font = MigMix 1M 12.5px
 サイズを省略すると、「14px」程度で表示されます。  わたしは、「14px」だといささか大きく感じますので、「12~13px」の範囲で調整します。

5. 項目名

 デフォルトでは、メニューに表示する項目名が、だらだらと長い。  これは、

/usr/local/share/applications/*.desktop	←	FreeBSD
/usr/share/applications/*.desktop		←	Linux
 の(例は、「obconf-qt.desktop」)

[Desktop Entry]
Type=Application
Name=Openbox Settings
GenericName=Window Manager Settings
Comment=Configure the Openbox window manager
Exec=obconf-qt
 「Name」と「GenericName」を

Name (GenericName)
 の形式で表示しているからです。  もちろん、日本語であれば、「Name[ja]」「GenericName[ja]」ですが。  これを名称のみにするには

# csv_name_format = %n (%g)
 を下記へ変更します。

 csv_name_format = %n

6. 追加

 「jgmenu」が自動で作成するメニューに、「.csv」ファイルを記述することで、手動でメニューを追加することができます。  「.csv」ファイル名は、下記のようになっており、上が自動メニューの前に表示、下が自動メニューの後に表示されます。

~/.config/jgmenu/prepend.csv
~/.config/jgmenu/append.csv
 例えば、末尾に「ログアウト」「再起動」「シャットダウン」のメニューを追加するのであれば

vi ~/.config/jgmenu/append.csv
 下記のように記述します。

^sep()
ログアウト,pkill セッション名,system-log-out
再起動,/sbin/reboot,system-reboot
シャットダウン,/sbin/poweroff,system-shutdown
 1行目は、セパレータで区切っています。  以降の形式は、下記のようになっています。

項目テキスト,コマンド,アイコン
 行頭に「#」をいれれば、コメント行として扱ってくれるようです。  ちなみに「ArcoLinux 20.11.9 IceWM」では、下記の表示に追加した結果
「jgmenu」「ArcoLinux 20.11.9 IceWM」-「デフォルト」

 下記のような表示になりました。

「jgmenu」「ArcoLinux 20.11.9 IceWM」-「終了追加」

TSUKUMOネットショップJETBOYKiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド