FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 画面キャプチャをとる - ショートカットキー割り当て

 
1. 概要
2. ショートカットキー割り当て

1. 概要

 Print を全画面キャプチャに、Alt+Print をアクティブウィンドウキャプチャに割り当ててみます。  以下、FreeBSD 12.0 RELEASE 上の xfce-4.12_1 でやってみました。

2. ショートカットキー割り当て

 「アプリケーション」→「設定」→「キーボード」
reeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - 画面キャプチャをとる - XFCE - 「アプリケーション」→「設定」→「キーボード」

 「アプリケーションショートカットキー」タブで
 「追加」

reeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - 画面キャプチャをとる - XFCE - キーボード - アプリケーションショートカットキー

 「コマンド」に「mate-screenshot」と入力して
 「OK」

reeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - 画面キャプチャをとる - XFCE - ショートカットのコマンド

 Print

reeBSD - デスクトップ環境 - 共通事項 - 画面キャプチャをとる - XFCE - コマンドショートカット

 もし、ショートカットキーが割り当てられていると競合によりダイアログが表示されることがあります。
 その場合は、上書きします。

 後は同じ要領で
 「コマンド」に「mate-screenshot -w」と入力して、Alt+Print

 これで、mate-screenshot で画面のキャプチャがとれるようになります。

 うまく Alt+Print がフックされないときは Ctrl+Print にすればうまくいきます。

 XFCE では結局、Ctrl+Print の方になりました。