FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - OS インストール - 12.1 RELEASE - 概要

 
1. 概要
2. 一般
3. システム
4. ディスプレイ
5. ストレージ
6. ネットワーク
7. USB

1. 概要

 本節は、「FreeBSD 12.1 RELEASE amd64」を「VirtualBox 6.0.14」へインストールする手順です。  「VirtualBox 6.0.14」上の設定のうち、主な点を掲載しておきます。

2. 一般

 「基本」  「タイプ:BSD」、「バージョン:FreeBSD(64-bit)」
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「一般」「基本」

 「高度」(ってほどのもんでもない)
 「クリップボードの共有」「ドラッグ&ドロップ」どちらも双方向を設定(「ドラッグ&ドロップ」は実現したためしがない)

「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「一般」「高度」

3. システム

 「マザーボード」  「メインメモリ」は、ホストマシンを圧迫しない程度で、かつなるべく多く。  「起動順序」は、「フロッピー」はもういらない。インストール後に「ハードディスク」から起動するように最優先で。
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「システム」「マザーボード」

 「プロセッサ」
 ちょっとこのホストは、CPU が非力なのだ。
 スレッドが8以上あれば、もう少し余裕があるのですが。
 でも、最低2は、割り当てたい。

「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「システム」「プロセッサ」

4. ディスプレイ

 「スクリーン」  「ビデオメモリ」は、なるべく最大に。  「グラフィックスコントローラ」は、「VBoxVGA」以外で動作した経験がありません。  「アクセラレーション」は、このバージョンは「3Dアクセラレーションを有効」にしてはいけません。  警告が表示されます。もうすぐ、このオプションはなくなるらしい(2019年11月6日)。
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「ディスプレイ」「スクリーン」

5. ストレージ

 あえて、デフォルトの「ATA」を削除して、「SATA」にしています。  「ホストの I/O キャッシュを使う」は、忘れずにチェック。  光学ドライブに、インストール用の「.iso」ファイルを設定していますが、インストールしたら、はずします。
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「ストレージ」


6. ネットワーク

 ネットワークアダプタの「割り当て」は、「ブリッジ」を使用しています。  わたしには、これが一番、使い勝手がいいのです。
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「ネットワーク」

7. USB

 実際は、わたしは、ゲストで「USB」を直接使うことはないのですが。  ホストで、「USB 3.0」が、有効であれば、「3.0」にしておきます。
「FreeBSD 12.1 RELEASE」「VirtualBox 6.0.14 設定」-「USB」

 
 
カウンタバックグラウンド