デスクトップ環境構築 - 共通事項 - OS インストール - FreeBSD 10.1 RELEASE - OS インストール②

 クラウディア
 前ページの続きです。
1. パーティション入力方法の選択
2. パーティションの設定

1. パーティション入力方法の選択

 パーティション入力方法の選択画面が表示されます。

 ここでは一番お手軽な方法で「Auto(UFS)」を選択します。実装メモリを判断して適切な swap 領域を作成し、あとは boot パーティションと root パーティションのみの構成となります。

2. パーティションの設定

 パーティションの選択画面が表示されます。他のOSをインストールするのでなければ「Entire Disk」を選択します。

 ディスクのフォーマット形式選択画面が評されます。


 これらの意味は、以下のようになります。

シンボル   意味  
APC Apple で使用しているフォーマット
BSD FreeBSD 独自のフォーマット
GPT PC/AT 互換機で 2TB 以上実装できるフォーマット
MBR PC/AT 互換機で 2TB 以内のフォーマット
PC98 MBR の亜種だそうで NEC PC98 互換機で使用するフォーマット
VTOC Sun SPARC64 および UltraSPARC で使用するフォーマット

 2013年以降に製造された HDD であればおおむね、GPT にしておいて問題ありません。

 フォーマットを選択するとパーティションがどのように構成されるか表示されます。ここでは特に構成を変える必要もありませんので「Finish」を選択します。


 確認画面が出てきますので [Commit] を選択します。


 自動的にディスクがフォーマットされ、システムファイルがインストールされます。


 以下、次項に続く。

="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TVQ2S+G82982+3J0S+C03K1" target="_blank" rel="nofollow">
 
 
カウンタバックグラウンド