データベース - A5:SQL Mk2 - IBM DB2 への接続

 クラウディア
1. IBM DB2 への接続

1. IBM DB2 への接続

 「データベース」→「データベースの追加と削除」
「A5:SQL Mk2」-「データベースの追加と削除」

 「追加」

「A5:SQL Mk2」-「データベースの追加と削除」「追加」

 「汎用接続」の
 「ADO...」

「A5:SQL Mk2」-「追加するデータベースの接続タイプを選択」

 「...」

「A5:SQL Mk2」-「データベースの内容を登録」

 「プロバイダー」タブで
 「IBM OLE DB Provider for DB2 - DB2COPY1」を選択して
 「次へ」

「A5:SQL Mk2」-「データリンクプロパティ」「プロバイダ」

 「接続」タブで

 「既存のデータソース」で既存のファイルを選択するか
 「直接サーバー接続」で「サーバー名の選択または流力」で「ホスト名(アドレスでも可)」と「サーバ上のデータベースの選択」で「データベース名」を入力して
 「ログオン情報」の「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

 チェックはお好みで

「A5:SQL Mk2」-「データリンクプロパティ」「接続」

 入力後「テスト接続」で、下記のダイアログが表示されれば接続は完了です。

「A5:SQL Mk2」-「正常に終了しました」

SirusiTokyo Speed Wi-FiKiPuRuU-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド