データベース - SQL 関数 - 書式設定 TO_CHAR・TO_DATE・TO_TIMESTAMP

 
1. 概要
2. TO_CHAR 文字列型へ変換
3. TO_DATE・TO_TIMESTAMP 日時型・・・へ変換

1. 概要

 プログラミングでいつも問題になるのは、日時のデータと文字列との相互変換です。  これらを SQL で実現する関数が以下に述べるものです。

2. TO_CHAR 文字列型へ変換

 TO_CHAR は、日時型・日付型・時刻型・タイムスタンプ型を一定の書式で、文字列へと変換します。

TO_CHAR(カラム, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS')
 てな感じです。

3. TO_DATE・TO_TIMESTAMP 日時型・・・へ変換


TO_DATE(文字列, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS')
 とか

TO_TIMESTAMP(文字列, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS')
 で、文字列を日時型・日付型・時刻型・タイムスタンプ型へ変換します。  DB2 では、TO_DATE でタイプスタンプ型にすることが可能であったように記憶しているのですが・・・。  postgreSQL9.6 で、TO_DATE を使用して、タイムスタンプ型へ入力したところ、時刻以下が 00:00:00 になってしまいました。  postgreSQL では、タイムスタンプ型にするには明示的に TO_TIMESTAMP を使うべきのようです。