データベース - SQL 基本構文 - テーブル自体の操作 - 作成と削除

 
1. 削除
2. 作成

1. 削除

 作成より削除の方が先に来るのは違和感があるかもしれませんが、削除の方が簡単ではあるし、話が進めやすいのだ。  テーブルを削除する際は、合わせてプライマリキーも削除しなければなりません。  postgreSQL の場合

DROP TABLE テーブル CASCADE;
 で、関連するプライマリキーも同時に削除されます。  DB2 でテーブルを削除する場合は

ALTER TABLE スキーマ.テーブル DROP PRIMARY KEY;
DROP TABLE スキーマ.テーブル;
 というようにセットで発行するようにします。

2. 作成

 postgreSQL で作成する場合

CREATE TABLE テーブル
(
	カラム1 型1 NOT NULL,
	・・・
);

CREATE UNIQUE INDEX テーブル_key ON public.テーブル(カラム1);
 とまぁ、最低1つのプライマリキー用のカラムを作成して、プライマリキーを作成する手順になるのですが・・・。  もしテーブルが存在する場合、重複エラーになるので作り直しも考慮して

DROP TABLE IF EXISTS テーブル CASCADE;

CREATE TABLE テーブル
(
	カラム1 型1 NOT NULL,
	・・・
);

CREATE UNIQUE INDEX テーブル_key ON public.テーブル(カラム1);
 というように postgreSQLは「もしあれば削除しておく」という構文が使えますので、このように記述しておけば、ほぼどのようなケースでもエラーになりません。