データベース - SQL 基本構文 - UPDATE DELETE SELECT

 
1. UPDATE
2. UPDATE ~ SELECT
3. DELETE
4. SELECT
5. GRANT

1. UPDATE

 UPDATE の基本形は

UPDATE
    テーブル名
SET
    カラム名1 = 値1,
    カラム名2 = 値2,
    カラム名3 = 値3,
    ...
WHERE
    条件;

2. UPDATE ~ SELECT

 「
テーブルA
」と似た構成の「
テーブルB
」が存在していて、双方に同じ型の「
カラムC
」「
カラムD
」が存在するとします。  「
テーブルA
」の「
カラムC
」に「
テーブルA
」「
テーブルB
」の「
カラムD
」が一致する「
テーブルB
」の「
カラムC
」の値で更新したいとき。

UPDATE
    テーブルA
SET
    カラムC = (SELECT
                    カラムC
                FROM
                    テーブルB
                WHERE
                    テーブルB.カラムD = テーブルA.カラムD
               )
 IBM DB2 以外ではやってみてませんが、とりあえず IBM DB2 ではうまくいきました。

3. DELETE

 DELETE の基本形は

DELETE FROM
    テーブル名
WHERE
    条件;

4. SELECT

 SELECT の基本形は

SELECT
    カラム名1,
    カラム名2,
    カラム名3,
    ...
FROM
    テーブル名
WHERE
    条件;

5. GRANT

 GRANT 文は権限を与えるもので基本形は

GRANT
    権限名
ON
    テーブル名
TO
    スキーマ名;
 権限名はすべてを与える、ALL の他、基本の INSERT、UPDATE、DELETE、SELECT くらいが使えれば十分かな。