6. FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - sshd・sftp - ssh クライアント接続先更新

 
6.1 概要
6.2 接続先更新

6.1 概要

 基本的にはサーバ側のことを書いているのですが、クライアントコマンドを使用ているときにメモする必要に駆られまして。  ssh 接続している接続先のサーバのオペレーティングシステムを更新した後に接続しようとしたら

> ssh 192.168.0.2
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@    WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!     @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
SHA256:K8JHlqziyvUR6C0oPXFPadBSjrMdyDkOFsQSqa+uxIY.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /home/hogehoge/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending ECDSA key in /home/hogehoge/.ssh/known_hosts:1
ECDSA host key for 192.168.0.2 has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.
 てなことになることがある。  これは ssh の接続先を保存している情報が現在のものと異なるからです。

6.2 接続先更新

 保存している情報を削除します。
/home/ユーザ名/.ssh/known_hosts
 の中に

192.168.0.2 ecdsa-sha2-nistp256 AAAAE1...
192.168.0.3 ecdsa-sha2-nistp256 AAAAE2...
 のように IP アドレスやホスト名につき1行ずつ以前の情報が保存されていますので、該当のホストの行を削除します。