1. FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - sshd・sftp - 概要

 
1.1 概要
1.2 /etc/rc.conf 編集

1.1 概要

 sshdftp の設定について、よりセキュアな設定です。  ここで説明する方法は、ユーザ1件につき1件の鍵を生成する必要がありますので、多くの一般ユーザが sshftp でアクセスするサーバでは、少々手間がかかるかもしれません。

1.2 /etc/rc.conf 編集

 本サイトのインストール手順に従っていれば、インストール直後に sshd は起動しているはずです。

> /etc/rc.d/sshd stats
 で確認してみます。

sshd is running as pid プロセスID.
 が表示されれば、既に起動しています。

Cannot 'status' sshd. Set sshd_enable to YES in /etc/rc.conf or use 'onestatus' instead of 'status'.
 という表示になっていると起動されていません。  sshd を起動するには

/etc/rc.conf
 を編集します。  下記の1行を追加して

sshd_enable="YES"
 起動します。

> service sshd start