PHP - PHP 7.2 → 7.4 - 概要

 クラウディア
1. 概要
2. どのバージョンを使うか

1. 概要

 まぁ、いつかこんな日がくるとは思っていましたが・・・。  ここんとこ(2021年1月18日)「Laravel」で遊んでいたのです。  で、「Laravel」のプロジェクトを作成しようとしたら

$ composer create-project laravel/laravel sample --prefer-dist
Creating a "laravel/laravel" project at "./sample"
Warning from https://repo.packagist.org: You are using an outdated version of Composer. Composer 2.0 is now available and you should upgrade. See https://getcomposer.org/2
 なぬ?  「You are using an outdated version of Composer」とな・・・。  あれこれ調べてみると

$ pkg version -v | grep composer
php72-composer-1.10.15             ?   orphaned: devel/php-composer
 てことになっておって、更に

$ ls -d /usr/ports/lang/php*
/usr/ports/lang/php-mode.el       /usr/ports/lang/php74             /usr/ports/lang/php80-extensions
/usr/ports/lang/php73             /usr/ports/lang/php74-extensions
/usr/ports/lang/php73-extensions  /usr/ports/lang/php80
 とな。  いつの間にか、「PHP 7.2」が「ports」から消え失せておるではないか。  これはあかん。  「PHP (プログラミング言語) - Wikipedia」を読むと。  「PHP 7.2」は、2020年11月30日でサポート期間が切れておるのね。

2. どのバージョンを使うか

 2021年1月18日時点の状況を見ると
バージョン リリース  サポート期限   備考 
アクティブ セキュリティ
7.2 2017-11-30 2019-11-30 2020-11-30
7.3 2018-12-06 2020-12-06 2021-12-06
7.4 2019-11-28 2021-11-28 2022-11-28
7.5 2020-11-26 2022-11-26 2023-11-26

 となっておる。

 今更、「PHP 7.3」にあげてもサポート期間は短いようであるし。

 かと言って、「PHP 8.0」にあげる勇気もない。

 ここは、いったん「PHP 7.4」にあげて、「FreeBSD 13.x RELEASE」への移行期に、「PHP 8.x」へのアップグレードを検討しようかと思います。

 この時点で、「FreeBSD」「PHP」の状況は、下記のようになっております。

 項目   アップグレード前   アップグレード後  備考
ウェブサーバ apache24-2.4.46
PHP php72-7.2.34 php74 ?
smarty smarty3-php72-3.1.34 smarty3 ?

 いつものように、仮想環境で、試してみてから、実機へ反映してみようと思います。

 
 
カウンタバックグラウンド