4. FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - newsyslog ディレクトリ構成

 
4.1 概要
4.2 サブディレクトリをつくっちゃだめ

4.1 概要

 前項といささかかぶる話になるかもしれませんが・・・。  newsyslog の定義ファイルは  デフォルトで用意されているもの

/etc/newsyslog.conf
 デフォルトの設定をいじる場合は、このファイルを編集するわけです。  システムで用意されているプログラム・・・

/etc/rc.d
 に起動スクリプトがあって /etc/rc.conf で有効にすれば実行を開始できるものについては

/etc/newsyslog.conf.d/
 に記述します。  わたしのばやい sftp.conf をここに置いています。  portspkg あるいはその他の方法によって後からインストールしたプログラムの定義は

/usr/local/etc/newsyslog.conf.d/
 に記述します。

4.2 サブディレクトリをつくっちゃだめ


/usr/local/etc/newsyslog.conf.d/mysql.conf
 を作成して、ちょっと設定を編集したかったもので、前の設定を残そうと

> mkdir /usr/local/etc/newsyslog.conf.d/RCS
> ci -l /usr/local/etc/newsyslog.conf.d/mysql.conf
 してから編集後 newsyslog -nv したらば

> newsyslog -nv
Processing /etc/newsyslog.conf
Found: <include> /etc/newsyslog.conf.d/*
Found: <include> /usr/local/etc/newsyslog.conf.d/*
Processing /etc/newsyslog.conf.d/sftp.conf
Processing /usr/local/etc/newsyslog.conf.d/RCS
newsyslog: malformed line (missing fields):
M卸
 どうも、RCS ディレクトリも定義ファイルをみなして解釈しようとして・・・わけわかんなくなっちゃったみたいです。  サブディレクトリを作成しちゃダメなようです。  バックアップを取るならば、別の場所に置いておきましょうという結論。