11. 削除できないディレクトリを削除する

 
11.1 いきさつ
11.2 対処方法

11.1 いきさつ

 恥ずかしくて詳しい原因は言えないんだけれども、/tmp の配下に作成していたディレクトリやファイルを再帰的に消そうとしていたら
> rm -R ディレクトリ名
override r-xr-xr-x  root/wheel schg for ディレクトリ名?
 うえ?浅い知識なのでどうしようもなくなって調べたらば、ありました。  以下「FreeBSD で削除出来ないファイルを削除する」の記事を参考にさせていただきました。

11.2 対処方法

 「パーミッションが許可されていても削除出来ない場合、chflags により削除出来ないフラグが設定されていることを想い出し」ってのがよくわかりませんが(笑)。  まあ知らないので思い出すこともできないわけですが。  参考ページの通りに確認してみますと (ってか もともと schg ってキーワードがメッセージに出てんですけどね)
> ls -lo
total 1
drwxr-xr-x  4 root  wheel  -    1024 Nov 11 22:42 .
drwxrwxrwt  8 root  wheel  -     512 Nov 12 15:35 ..
dr-xr-xr-x  2 root  wheel  schg  512 Jun  3  2013 ディレクトリ名
 うむうむ。  で、schg (いずれ調べてみますけどね、ちょっと急いでるもので)ってのを削除したら、ディレクトリも削除できるようになりました。
> chflags noschg ディレクトリ名
> rm -R ディレクトリ名