メンテナンス・トラブルシュート - コマンド・ユーティリティ - lsof

 
1. 概要
2. インストール

1. 概要

 そもそもこのコマンド?については、たったさっき知ったのだ(2018年12月05日)。  もしかしたら便利かもしれない。  説明は「開いているファイルのプロセスを特定(lsofコマンド) - Qiita」を読みました。  現在、ファイルやポートを開いているプロセスを特定するものらしい。

2. インストール

 pkg であれば

pkg install lsof
 ports であれば(オプションはない)

cd /usr/ports/sysutils/lsof
make
make install
 なのですが・・・。  ports でインストールしようとして

> cd /usr/ports/sysutils/lsof
> make
===>  lsof-4.92.b_1,8 requires kernel sources.
*** Error code 1

Stop.
 エラーになっちゃいました。  まぁ、メッセージを観れば一目両全なんでしょうが、「FreeBSD に lsof をインストールしようとしたらエラーが出た – L2TP」を読んで、カーネルのソースが必要らしいことがわかります。  インストールメディアからインストールしようと思ったら・・・。  以前(いつのバージョンまでか忘れました)なら sysinstall でインストールできたのですが、現在、sysinstall はない・・・。  bsdconfig では、ソースのインストールがメニューにない。  困っちゃったなぁと思って探したら「FreeBSD のソースコードをインストールする方法 - FreeBSD入門」で、直接ダウンロードしてくると書いてある・・・。  そりゃあそうだわな。  やってみます。

cd /tmp
fetch ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/releases/amd64/11.2-RELEASE/src.txz
tar -C / -xvzf src.txz
 最後のコマンドは、上の参考サイトのコマンドではエラーになるので「カーネルソースのインストール – admin note」を参考にさせていただきました。  ソースを展開したら、素直に ports の make も通りました。