メンテナンス・トラブルシュート - コマンド・ユーティリティ - vipw の裏技

 
1. 概要
2. 既存 ID のユーザを作成する
3. 何の得があるか・・・

1. 概要

 「裏技」とか書いちゃいましたけど、知っている人には常識なことで、わたしが知らなかっただけのことかもしれません。  わたしはびっくりしたのです。

2. 既存 ID のユーザを作成する

 /etc/passwd ファイル内に

hogehoge:*:1001:1001::0:0:hogehoge-user:/home/hogehoge:/bin/tcsh
 というユーザがいる状態で、ユーザ ID 1002 が空きだったとします。  通常、次にユーザを作るなら、ユーザ ID 1002 のユーザを作成しますが・・・。  vipw で

fugafuga:*:1001:1001::0:0:fugafuga-user:/home/hogehoge:/bin/tcsh
 というユーザを作ることが可能なのです。  エラーもおきずに保存できます。  fugafuga ユーザは passwd で、hogehoge と別のパスワードを設定できます。  で、ログイン環境他、ほぼすべての環境・環境変数を hogehoge と同じものを使用することができます。

3. 何の得があるか・・・

 一見、たんにそんなことができても無意味に見えるかもしれません。  これ一体何の得があるかというと・・・。  xrdp 等を使用して、リモートデスクトップ環境を提供している場合。  通常、リモートデスクトップ接続している状態で、同じユーザがログインすると、接続済のユーザが強制ログアウトになりますが。  前項の状態で hogehoge がリモートデスクトップ接続していて fugafuga がリモートデスクトップ接続してきても、hogehoge はログインしたままその環境を使い続けることができます。  ある程度、大きなシステムで、複数のプロセスが同時実行している状態で、Eclipse 等によりデバッグを行うとき、ワークスペースを分けて、hogehoge と fugafuga が別のプロセスを同時にデバッグすることが可能なのです!