メンテナンス・トラブルシュート - ls の表示色を変更する - コマンド・ユーティリティ - GNU コマンドの ls を使用する

 
1. ports
2. gdircolors で設定ファイルを作成する
3. .cshrc を変更する

1. ports

 前項で、FreeBSD ネイティブな ls コマンドについて説明しましたが。  Linux だと、tar や zip などの色が赤色表示されててわかりやすいのですが FreeBSD では、そこまで分類していません。  Linux の色分けを使用する場合は、GNU coreutils をインストールします。  ports の場合

cd /usr/ports/sysutils/coreutils
make
make install
 pkg の場合

pkg install sysutils/coreutils
 これをインスールすると GNU の基本的なユーティリティがインストールされます。  FreeBSD にもともとあるものとだぶっちゃいますので

/usr/local/bin
 に、先頭に g をつけた名前でインストールされます。  つまり ls の場合

/usr/local/bin/gls
 になるわけです。

2. gdircolors で設定ファイルを作成する

 GNU の ls で色分けする種類は多数ありますので、それを設定するユーティリティが用意されています。  本名は dircolors、FreeBSD では gdircoloes です。

gdircolors -p
 でデフォルトの設定を出力しますので、リダイレクトしてファイルを作成します。

gdircolors -p > ~/.dircolors
 多くのユーザがいて、配布するならば

gdircolors -p > /usr/local/share/dot.dircolors
 ちょっとここで気をつけなければならないのが、設定先の端末に kterm-color がないことです。  もし端末を kterm-color にしている場合は

env | grep TERM
 で端末を確認して、kterm-color であれば、.dircolors のファイルを開いて

TERM kterm
 の行の下に

TERM kterm-color
 を加えておきます。

3. .cshrc を変更する

 これは csh 系の場合です。bash 系の場合は編集するファイルや内容が変わることは言うまでもありません。

~/.cshrc
 を開いて、適切な個所に

eval `gdircolors ~/.dircolors`
 を記述して設定ファイルを読み込ませるようにします。  また、

alias ls
 のたぐいの先頭に

alias ls    gls --color
 と書いて、後は適宜、書き換えます。