7.1 FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - メールサーバ - メール配送テスト telnet

 
7.1.1 概要
7.1.2 正常送信

7.1.1 概要

 サーバ内で行える、メール配送テストの方法について説明します。  telnet とメール用のポート番号を使用するので、MTA によらず、同様の試験が行えます。  以下、環境設定コマンドは csh 系のものを使用していますので sh 系を使用する場合はコマンドを置き換えてください。

7.1.2 正常送信

 例では、hoge@hoge.co.jp から hoge@hoge.ne.jp への配送テストです。テストするサーバは hoge.co.jp 側です。

> telnet localhost smtp
Trying 127.0.0.1...
Connected to localhost.
Escape character is '^]'.
helo                           ← 「helo」を入力します。
220 < ESMTP
250 hoge.ne.jp
mail from: hoge@hoge.ne.jp     ← 送信元を入力します。
250 ok
rcpt to:  hoge@hoge.ne.jp      ← 送信先を入力します。
250 ok
data                           ← 「data」を入力します。これからデータを入力するという意味です。
354 go ahead
From:  hoge@hoge.ne.jp         ← From ヘッダを入力します。
To:  hoge@hoge.ne.jp           ← To ヘッダを入力します。
Subject: test                  ← Subject ヘッダを入力します。
                               ← [Enter] を入力します。
This is a test mail.           ← メール本文です。(ここはお好きなように)
.                              ← 最後にピリオドをいれるとメール入力の終わりを認識します。
250 ok 1409716680 qp 790
quit                           ← 「quit」でセッションを終了します。
221 "サーバドメイン名"
Connection closed by foreign host.
>
 これで、hoge@hoge.ne.jp でメールを受信して、正常に受信できていれば、配送は成功です。受信できなかった場合は、ログを参照して原因を突き止めます。