freebsd-update - 11.2 RELEASE → 11.3 RELEASE - メインマシン・バージョンアップ

 
1. 概要
2. ファイアウォール無効化
3. パッチをあてる
4. GENERIC boot を用意しておく
5. バージョンアップ
6. 再起動後

1. 概要

 いよいよ、メインマシンのバージョンアップです。  さすがに緊張感が異なります。  同じ手順ですが、念のため、記録していきます。

2. ファイアウォール無効化

 ファイアウォールを無効化するところから。  これは、前回、痛い目を見たのです。ファイアウォールを有効化していたものの、バージョンアップ後、再起動したら、見事にどこからもつながらなくなったのです。

vi /etc/rc.conf
 該当箇所をコメント化しておきます。

3. パッチをあてる

 パッチをあてておきます。

freebsd-update fetch
 アップデート。

freebsd-update install
 再起動。

shutdown -r now

4. GENERIC boot を用意しておく

 ダウンロード。

mkdir -pv /tmp/disk
cd /tmp/disk
curl https://download.freebsd.org/ftp/releases/amd64/amd64/ISO-IMAGES/11.3/FreeBSD-11.3-RELEASE-amd64-disc1.iso --output FreeBSD-11.3-RELEASE-amd64-disc1.iso
 マウント。

cd /tmp/disk
mdconfig -a -t vnode -f FreeBSD-11.3-RELEASE-amd64-disc1.iso -u -0
mount -t cd9660 -o ro /dev/md0 /mnt
 「GENERIC boot」を抽出。

cd /mnt/usr/freebsd-dist/
tar -C/ -xvf kernel.txz boot/kernel/kernel
 アンマウント。

cd
umount /mnt
mdconfig -d -u 0

5. バージョンアップ

 バージョンアップ。

freebsd-update -r 11.3-RELEASE upgrade
 ここもメッセージややりとりは伏せておきます。  インストール。

/usr/sbin/freebsd-update install
 再起動。

shutdown -r now

6. 再起動後

 再度。

/usr/sbin/freebsd-update install
 この後、バージョンアップを確認しましたが、無事アップデートできたようです。
 
 
カウンタバックグラウンド