3. メンテナンス・トラブルシュート - freebsd-update - 11.1 RELEASE → 11.2 RELEASE - 試験機で実施

 
3.1 どんな状況であるか
3.2 パッチをあてる
3.3 実行
2.4 後始末

3.1 どんな状況であるか

 テザリング環境で通信量が気になるものの、やってみます。  実機は別途バックアップを取りますが、試験的にやってみるのは VirtualBox 上でアップデート前のものはスナップショットをとっているので問題なし。  サーバプログラムとして以下のものをインストールしています。

apache24
clamav			※
nsd				※
msyql
postgreSQL
qmail
spamassasin		※
subversion		※
ntpd
 ※はほったらかしていたためか起動しません。  アップデート後に起動できればいいや。  再掲しておきますが

> uname -a
FreeBSD vm11.1.sing.ne.jp 11.1-RELEASE FreeBSD 11.1-RELEASE #0 r321309: Fri Jul 21 02:08:28 UTC 2017     root@releng2.nyi.freebsd.org:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  amd64
 通信量が桁あふれに多くなったら途中で止めます。

3.2 パッチをあてる

 割愛しようかとも思いましたが、一応パッチをあてておきます。

> freebsd-update fetch
Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 2 mirrors found.
Fetching public key from update4.freebsd.org... done.
Fetching metadata signature for 11.1-RELEASE from update4.freebsd.org... done.
Fetching metadata index... done.
Fetching 2 metadata files... done.
Inspecting system... done.
Preparing to download files... done.
Fetching 690 patches.....10....20....30....40....50....60....70....80....90....100....110....120....130....140....150....160....170....180....190....200....210....220....230....240....250....260....270....280....290....300....310....320....330....340....350....360....370....380....390....400....410....420....430....440....450....460....470....480....490....500....510....520....530....540....550....560....570....580....590....600....610....620....630....640....650....660....670....680....690 done.
Applying patches... done.
Fetching 356 files... done.

The following files will be removed as part of updating to 11.1-RELEASE-p15:
/usr/src/contrib/tzdata/Theory

The following files will be added as part of updating to 11.1-RELEASE-p15:
/usr/src/contrib/file/magic/Magdir/apache

・・・	略	・・・

/usr/src/usr.sbin/ntp/scripts/mkver

WARNING: FreeBSD 11.1-RELEASE HAS PASSED ITS END-OF-LIFE DATE.
Any security issues discovered after Mon Oct  1 09:00:00 JST 2018
will not have been corrected.
 まぁ、しつこいほどだこと。  ちなみにパッチで使用する通信量はそれほどなかったようです。  p0 の状態から p15 の状態へで 10数MB でしょうか。

freebsd-update install
shutdown -r now
 再起動後の状態は

> uname -a
FreeBSD vm11.1.sing.ne.jp 11.1-RELEASE-p15 FreeBSD 11.1-RELEASE-p15 #0: Thu Sep 27 06:05:25 UTC 2018     root@amd64-builder.daemonology.net:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  amd64

3.3 実行

 では、アップグレード

> freebsd-update -r 11.2-RELEASE upgrade
Looking up update.FreeBSD.org mirrors... 2 mirrors found.
Fetching metadata signature for 11.1-RELEASE from update5.freebsd.org... done.
Fetching metadata index... done.
Fetching 1 metadata files... done.
Inspecting system... done.

The following components of FreeBSD seem to be installed:
kernel/generic kernel/generic-dbg src/src world/base world/lib32

The following components of FreeBSD do not seem to be installed:
world/base-dbg world/doc world/lib32-dbg

Does this look reasonable (y/n)?
 ん?ここ y でいいのかしら・・・。  y してみます。(試験でよかった)  以降はこの続きで

Fetching metadata signature for 11.2-RELEASE from update5.freebsd.org... done.
Fetching metadata index... done.
Fetching 1 metadata patches. done.
Applying metadata patches... done.
Fetching 1 metadata files... done.
Inspecting system... done.
Fetching files from 11.1-RELEASE for merging... done.
Preparing to download files... done.
Fetching 48007 patches.....10....

・・・	略	・・・

Applying patches... done.
Fetching 5881 files... done.
Attempting to automatically merge changes in files... done.
 ここで 600MB 弱くらいでしょうか。想像より多くも少なくもないくらいでした。  あとは怒涛の編集だな。

The following file could not be merged automatically: /etc/mail/mailer.conf
Press Enter to edit this file in vi and resolve the conflicts
manually...
 これは sendmail の代わりに qmail をインストールしているからだな。  もうひとつ /root/.cshrc もなんか出てきました。  手をいれているからですね。  あとは、更新ファイルがど~っと表示されますが、ほぼ q で進みました。

> freebsd-update install
Installing updates...
Kernel updates have been installed.  Please reboot and run
"/usr/sbin/freebsd-update install" again to finish installing updates.
 なるほど、一度 reboot して、もう一回、freebsd-update install するんですね。

> shutdown -r now
 再起動後に

> freebsd-update install
 一応、これで終了かな。  念のため再起動。

> shutdown -r now
 再起動後にバージョンを確認します。

> uname -a
FreeBSD vm11.1.sing.ne.jp 11.2-RELEASE-p4 FreeBSD 11.2-RELEASE-p4 #0: Thu Sep 27 08:16:24 UTC 2018     root@amd64-builder.daemonology.net:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC  amd64
 FreeBSD 11.2-RELEASE-p4 ということで、無事、アップグレードできたようです。

2.4 後始末

 後始末というかなんと言いますか。  ほったらかしで起動できていなかったアプリケーションがあったのですが。  アップデート後に、ports を更新できるようになって、それらのアプリケーションが起動できるように更新できるかを確認したいと思います。  まずは、perl5 を 5.26 から 5.28 に変更します。  この手順は「pkg・ports アップデート関連 - perl5」で。 ・clamav_clamd・clamav_freshclam  まずはアップデート

portupgrade -Rr clamav
 アップデート後、すんなり起動できるようになりました。 ・spamassassin  これは perl5 のバージョンアップがからんでいるので「pkg・ports アップデート関連 - spamassassin」で 3.4.1_12 → 3.4.2 のときを参考に以下の手順で

cd /usr/ports/www/p5-HTML-Parser
make deinstall clean
make
make install
cd /usr/ports/net-mgmt/p5-NetAddr-IP
make deinstall clean
make
make install
portupgrade -Rr spamassassin
 これが途中で

===>  Configuring for p5-DBD-mysql-4.048
Can't locate DBI/DBD.pm in @INC (you may need to install the DBI::DBD module) (@INC contains: /usr/local/lib/perl5/site_perl/mach/5.28 /usr/local/lib/perl5/site_perl /usr/local/lib/perl5/5.28/mach /usr/local/lib/perl5/5.28 .) at ./Makefile.PL line 17.
 つってこけたので

cd /usr/ports/databases/p5-DBI
make deinstall clean
make
make install
cd /usr/ports/databases/p5-DBD-mysql
make deinstall clean
make
make install
portupgrade -Rr spamassassin
 一応通ったので

sa-update
service sa-spamd start
nsd

portupgrade -Rr nsd
 これでまぁ主なところは動作するようになりました。  あとは、ちびちび ports を更新していくことにします。