2.2 メンテナンス・トラブルシュート - pkg・ports アップデート関連 - /etc/make.conf オプション - DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel

 
2.2.1 概要
2.2.2 openssl-devel をインストールしてみる
2.2.3 再度 node を portupgrade
2.2.4 openssl-devel → openssl

2.2.1 概要


> pkg version -vl "<"
node-9.11.1_1                      <   needs updating (index has 10.0.0)
 の対応でアップデートしたらば

> portupgrade -Rr node
[Reading data from pkg(8) ... - 381 packages found - done]
** Port marked as IGNORE: www/node:
        node.js requires openssl 1.1.0, add DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel to /etc/make.conf or enable BUNDLED_SSL option
[Gathering depends for www/npm ................................................................ done]
[Exclude up-to-date packages ..** Port marked as IGNORE: www/node:
        node.js requires openssl 1.1.0, add DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel to /etc/make.conf or enable BUNDLED_SSL option
...................... done]
** Listing the failed packages (-:ignored / *:skipped / !:failed)
        - www/node (marked as IGNORE)
        - www/node (marked as IGNORE)
 ん~。これを解釈すると
/etc/make.conf
 に

DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel
 と書くか node の make option で BUNDLED_SSL というものにチェックをつけろということかしら?  openssl のバージョンを見てみます。

> whereis openssl
openssl: /usr/bin/openssl /usr/share/openssl/man/man1/openssl.1.gz /usr/src/secure/usr.bin/openssl
> openssl version
OpenSSL 1.0.2k-freebsd  26 Jan 2017
 うむぅ。いささか古いように見えるし。  そもそも openssl-devel は ports でインストールしていない?

2.2.2 openssl-devel をインストールしてみる

 試しに openssl-devel をインストールしてみます。

プロンプト略
cd /usr/ports/security/openssl-devel
make
make install

2.2.3 再度 node を portupgrade

 再度、node を portupgrade してみます。

> portupgrade -Rr node
[Reading data from pkg(8) ... - 382 packages found - done]
[Gathering depends for www/node ................................................................. done]
[Gathering depends for www/npm ... done]
[Exclude up-to-date packages ......................... done]
--->  Upgrading 'node-9.11.1_1' to 'node-10.0.0' (www/node)
--->  Building '/usr/ports/www/node'
===>  Cleaning for openssl-devel-1.1.0h_1
===>  Cleaning for node-10.0.0
/!\ WARNING /!\

You have security/openssl-devel installed but do not have
DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel set in your make.conf

	・・・

 ってことで一応、アップグレードはできたのですが、WARNING に従って
/etc/make.conf
 に

DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel
 を記述して、しばらく様子を見てみたいと思います。

2.2.4 openssl-devel → openssl

 で、しばらく様子を見て p5-Mail-DKIM のアップデート時に問題があることがわかりました(「pkg・ports アップデート関連 - perl5」参照)。  元に戻します。
/etc/make.conf
 の

DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl-devel
 を下記に変更します。

DEFAULT_VERSIONS+=ssl=openssl
 openssl-devel をアンインストール、openssl をインストールします。

プロンプト略
cd /usr/ports/security/openssl-devel
make
make deinstall
cd /usr/ports/security/openssl
make
make install
 あとは
/usr/ports/www/node
 の問題だな。  これは「メンテナンス・トラブルシュート - python」の項で・・・。
 
 
カウンタバックグラウンド