メンテナンス・トラブルシュート - ウェブサーバ - パフォーマンスチェック - mod_status

 クラウディア
1. 概要
2. 設定
3. server-status
4. server-info

1. 概要

 参考サイトの通りにやってみます。  以下、「FreeBSD 12.1 RELEASE」「apache24-2.4.41」で操作してみました。  「mod_status」は、デフォルトのオプションでインストールされることになっていて。  「/usr/local/etc/apache24/httpd.conf」を見ると

LoadModule status_module libexec/apache24/mod_status.so
LoadModule autoindex_module libexec/apache24/mod_autoindex.so
#LoadModule asis_module libexec/apache24/mod_asis.so
#LoadModule info_module libexec/apache24/mod_info.so
 160行目は、デフォルトで有効化されています。  168行目は、コメントアウトされているので、有効化します。

2. 設定


vi /usr/local/etc/apache24/httpd.conf
 「#」を削除して、有効化します。

#Include etc/apache24/extra/httpd-info.conf
 本体を編集します。

vi /usr/local/etc/apache24/extra/httpd-info.conf

<Location /server-status>
    SetHandler server-status
    Require host .example.com
    Require ip 127
</Location>

#
# ExtendedStatus controls whether Apache will generate "full" status
# information (ExtendedStatus On) or just basic information (ExtendedStatus
# Off) when the "server-status" handler is called. The default is Off.
#
#ExtendedStatus On

#
# Allow remote server configuration reports, with the URL of
#  http://servername/server-info (requires that mod_info.c be loaded).
# Change the ".example.com" to match your domain to enable.
#
<Location /server-info>
    SetHandler server-info
    Require host .example.com
    Require ip 127
</Location>
 16、34行は、アクセスを許可する、ホスト名、ドメイン名の記述です。  17、35行は、アクセスを許可する、IP アドレスの記述です。  25行目は、必須で、「#」をはずして、有効化するようです。  以上、設定を行ったら

service apache24 configtest
service apache24 graceful

3. server-status

 「http://ドメイン名/server-status/」へアクセスすると
「apache24」-「server-status」

 確かに、参考サイトに紹介されているような表示内容になっています。

 読み方は、現在、学習中です。

4. server-info

 「http://ドメイン名/server-info/」へアクセスすると
「apache24」-「server-status」

 こちらは、どういうモジュールで構成されているかという情報のようです。

Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド