FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - ウェブサーバ - アクセス制限 - IP アドレスに対して制限をかける

 
1. 概要
2. コンフィグレーションファイルで設定
3. .htaccess で設定

1. 概要

 例題は、以下の環境とします。
項目 設定
サイトの絶対パス /usr/local/www/data/hogehoge
制限する URL http://www.hogehoge.jp/hogehoge/
定義ファイル /usr/local/etc/apache22/Includes/hogehoge.conf
アドレス 192.168.0.0 ~ 192.168.0.255 に対してのみ公開

2. コンフィグレーションファイルで設定

/usr/local/etc/apache22/Includes/hogehoge.conf
 に、以下のように記述します。


Alias /hogehoge		/usr/local/www/data/hogehoge

<Directory  /usr/local/www/data/hogehoge>
    Options -Indexes +FollowSymLinks

    <RequireAll>
        <RequireAny>
            Require ip  192.168.0.0/24
        </RequireAny>
    </RequireAll>
</Directory>
 4行目の枠で許可の全体を定義。  5行目の枠で特定の許可を定義。  6行目で、許可する IP を定義。
/usr/local/etc/apache22/Includes/hogehoge.conf
 の記述を終えたら、configtest と graceful を行って、設定を反映させます。

3. .htaccess で設定

/usr/local/etc/apache22/Includes/hogehoge.conf
 は下記のように記述します。


Alias /hogehoge		/usr/local/www/data/hogehoge

<Directory  /usr/local/www/data/hogehoge>
    Options -Indexes +FollowSymLinks
	Allowoverride	All
	Require all granted
</Directory>
 いったん configtest と graceful を行って、設定を反映させます。  この時点で、すべての IP アドレスからアクセス可能になっています。
/usr/local/www/data/hogehoge/.htaccess
 を作成して

<RequireAll>
    <RequireAny>
        Require ip  192.168.0.0/24
    </RequireAny>
</RequireAll>
 と記述します。  .htaccess の記述は、apache 自体を再起動しなくても即時に反映されます。
 
 
カウンタバックグラウンド