1. ハードディスク・ファイルトラブル - S.M.A.R.T. の利用 smartmontools - 概要・インストール

 
1.1 概要
1.2 インストール

1.1 概要

 S.M.A.R.T. は「Self-Monitoring,Analysis and Reporting Technology」の略で、ディスクドライブ自体に内蔵された自己診断ツールです。  詳細は「ウィキペディア - S.M.A.R.T.」をご参照ください。  ディスクドライブに内蔵されたものなので、専用のツールを使わないと読み出しできません。  ports にツールが用意されているようなので使用してみます。  本項は「FreeBSD で smartmontools のインストール」を参考にさせていただきました。

1.2 インストール


プロンプト略
cd /usr/ports/sysutils/smartmontools
make
make install
 インストール時のメッセージ

Installing smartmontools-6.6_1...
smartmontools has been installed

To check the status of drives, use the following:

        /usr/local/sbin/smartctl -a /dev/ad0    for first ATA/SATA drive
        /usr/local/sbin/smartctl -a /dev/da0    for first SCSI drive
        /usr/local/sbin/smartctl -a /dev/ada0   for first SATA drive

To include drive health information in your daily status reports,
add a line like the following to /etc/periodic.conf:
        daily_status_smart_devices="/dev/ad0 /dev/da0"
substituting the appropriate device names for your SMART-capable disks.

To enable drive monitoring, you can use /usr/local/sbin/smartd.
A sample configuration file has been installed as
/usr/local/etc/smartd.conf.sample
Copy this file to /usr/local/etc/smartd.conf and edit appropriately

To have smartd start at boot
        echo 'smartd_enable="YES"' >> /etc/rc.conf