8.2 FreeBSD 11.2 RELEASE - apache24 - ログ解析ツール - webalizer

 
8.2.1 ports
8.2.2 apache 定義ファイルの編集
8.2.3 webalizer.conf の編集
8.2.4 解析ファイルの作成

8.2.1 ports


cd /usr/ports/www/webalizer/
make
make install
 オプションで、WEBALIZER_CONV を有効にすることにより、日本語の文字化けを防ぎます。

8.2.2 apache 定義ファイルの編集

 解析結果を見る場所を

/usr/local/www/webalizer/
 とし、その URL を http://www.hogehoge.ne.jp/ とするならば、  apache の定義ファイルを作成してアクセスできるようにします。  定義ファイルを

/usr/local/etc/apache24/Includes/webalizer.conf
 として以下のように編集します。

Alias /webalizer 	"/usr/local/www/webalizer/"

<Directory "/usr/local/www/webalizer/">
    DirectoryIndex  index.html
    Options +ExecCGI
    AllowOverride None
    Require all granted      ← [all] でなく IPアドレスは絞るべきです
</Directory>

8.2.3 webalizer.conf の編集


/usr/local/etc/webalizer.conf-dist
 というコンフィグレーションファイルのサンプルがあります。これを webalizer.conf にコピーして編集します。

cd /usr/local/etc/
cp webalizer.conf-dist webalizer.conf
 最低限必要な編集は下記の通りです。

LogFile        /var/lib/httpd/logs/access_log	← 	コメントをはずし
													ログのファイル名を絶対パスで記述します(ワイルドカード可)

# LogType defines the log type being processed.  Normally, the Webalizer
# expects a CLF or Combined web server log as input.  Using this option,
# you can process ftp logs (xferlog as produced by wu-ftp and others),
# Squid native logs or W3C extended format web logs. Values can be 'clf',
# 'ftp', 'squid' or 'w3c'.  The default is 'clf'.

#LogType        clf

# OutputDir is where you want to put the output files.  This should
# should be a full path name, however relative ones might work as well.
# If no output directory is specified, the current directory will be used.

OutputDir      /var/lib/httpd/htdocs/usage		← 	コメントをはずしドキュメント出力先を記述します
													例題に沿えば "/usr/local/www/webalizer" です

8.2.4 解析ファイルの作成

 解析ファイルを出力します。

/usr/local/bin/webalizer -c /usr/local/etc/webalizer.conf
 結果がうまく作成されれば http://www.hogehoge.ne.jp/ にアクセスすることでログの解析結果を見ることができるようになります。  あとはこれらの一連の作業をスクリプト化して crontab に記述することで、定期的にログ解析することができるようになります。