3. FreeBSD 10.4 RELEASE - MySQL - コンフィグレーションファイル設定

 
3.1 コンフィグレーションファイルの設定
3.2 プロンプトを変更する

3.1 コンフィグレーションファイルの設定

 コンフィグレーションファイルは

/usr/local/etc/mysql/my.cnf
 です。  my.cnf という MySQL 用のコンフィグレーションファイルが mysql56 の時点では、起動スクリプトが参照している場所でなかったりして、いささか面倒でした。  mysql57 では /usr/local/etc/mysql という、FreeBSD での所定の位置に変わっており、起動スクリプトもそこを参照の候補としているので楽になりました。  デフォルトは以下のように書かれています。

# $FreeBSD: head/databases/mysql57-server/files/my.cnf.sample.in 414707 2016-05-06 14:39:59Z riggs $

[client]
port                            = 3306
socket                          = /tmp/mysql.sock

[mysql]
prompt                          = \u@\h [\d]>\_
no_auto_rehash

[mysqld]
user                            = mysql
port                            = 3306
socket                          = /tmp/mysql.sock
bind-address                    = 127.0.0.1
basedir                         = /usr/local
datadir                         = /var/db/mysql
tmpdir                          = /var/db/mysql_tmpdir
slave-load-tmpdir               = /var/db/mysql_tmpdir
secure-file-priv                = /var/db/mysql_secure
log-bin                         = mysql-bin
log-output                      = TABLE
master-info-repository          = TABLE
relay-log-info-repository       = TABLE
relay-log-recovery              = 1
slow-query-log                  = 1
server-id                       = 1
sync_binlog                     = 1
sync_relay_log                  = 1
binlog_cache_size               = 16M
expire_logs_days                = 30
default_password_lifetime       = 0
enforce-gtid-consistency        = 1
gtid-mode                       = ON
safe-user-create                = 1
lower_case_table_names          = 1
explicit-defaults-for-timestamp = 1
myisam-recover-options          = BACKUP,FORCE
open_files_limit                = 32768
table_open_cache                = 16384
table_definition_cache          = 8192
net_retry_count                 = 16384
key_buffer_size                 = 256M
max_allowed_packet              = 64M
query_cache_type                = 0
query_cache_size                = 0
long_query_time                 = 0.5
innodb_buffer_pool_size         = 1G
innodb_data_home_dir            = /var/db/mysql
innodb_log_group_home_dir       = /var/db/mysql
innodb_data_file_path           = ibdata1:128M:autoextend
innodb_temp_data_file_path      = ibtmp1:128M:autoextend
innodb_flush_method             = O_DIRECT
innodb_log_file_size            = 256M
innodb_log_buffer_size          = 16M
innodb_write_io_threads         = 8
innodb_read_io_threads          = 8
innodb_autoinc_lock_mode        = 2
skip-symbolic-links

[mysqldump]
max_allowed_packet              = 256M
quote_names
quick
 以降、編集したら、それを反映させるには

> service mysql-server restart
 で mysql-server を再起動します。

3.2 プロンプトを変更する

 プロンプトが

ユーザ名@localhost [(none)]>
 となってて、わたしは前のままがいいのです。

prompt                          = \u@\h [\d]>\_
 の行を削除するなり、コメントアウトするなりすれば

mysql>
 に戻ります。