6. FreeBSD 10.4 RELEASE/OS 起動後の基本的な設定/jman 日本語 man

 
6.1 能書き
6.2 ports
6.3 /etc/manpath.config の作成
6.4 .cshrc の編集
6.5 弊害

6.1 能書き

 以下、UTF-8 を使用して、日本語 manmanual) を表示するための設定です。  参考にさせていただいたのは以下のサイトです。
FreeBSDで日本語環境(UTF-8対応)を整える」
「FreeBSD 日本語表示に対応させる設定手順

6.2 ports

/usr/ports/japanese/man/
/usr/ports/japanese/man-doc/
/usr/ports/japanese/groff/
/usr/ports/misc/lv
 man(ja-man)groff(ja-groff) は依存関係にあるので、man(ja-man) をインストールした時点で同時に groff(ja-groff) がインストールされます。

6.3 /etc/manpath.config の作成

 jman を表示するには /etc/manpath.config というファイルが必要です。  ファイルがないと

> jman
jman: unable to find the file /etc/manpath.config
 怒られます。  /etc/manpath.config を作成して、以下を記述します。

MANPATH_MAP /bin /usr/share/man
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/openssl/man
MANPATH_MAP /usr/local/bin /usr/local/man

6.4 .cshrc の編集

 以下、UTF-8jman を読めるようにする設定です。  シェルがCシェル系であれば、~/.cshrc に以下を記述し

alias  less     lv
alias  jman     env LANG=ja_JP.eucJP jman
setenv LANG     ja_JP.UTF-8
setenv PAGER    lv
setenv LV       '-Ou8'

> source ~/.cshrc
 シェルが bash であれば、~/.bashrc に以下を記述し

alias less='lv'
alias jman='env LANG=ja_JP.eucJP jman'
LANG=ja_JP.UTF-8;     export LANG
PAGER=lv;             export PAGER
LV='-Ou8'             export LV

> source ~/.bashrc
 これで、UTF-8 環境で jman コマンドを使用してマニュアル表示できるようになります。

6.5 弊害

 前項までの設定を行うと弊害があります。  perl を使う人には困ったものなのですが perldoc が文字化けしちゃいます。

> perldoc IO::File
[[1mNAME^[[m           ← ここ
    IO::File - supply object methods for filehandles

^[[1mSYNOPSIS^[[m      ← ここ
        use IO::File;

        $fh = IO::File->new();
        if ($fh->open("< file")) {
            print <$fh>;
            $fh->close;
        }

	以下略
 2行目と5行目が文字化けしちゃってます。  仕方ないので、perldoc を使用するときは、いったん PAGER の設定を元に戻します。

> setenv PAGER
> perldoc IO::File
NAME
    IO::File - supply object methods for filehandles

SYNOPSIS
        use IO::File;

        $fh = IO::File->new();
        if ($fh->open("< file")) {
            print <$fh>;
            $fh->close;
        }

	以下略