1.5 FreeBSD 10.4 RELEASE/インストール/起動前の設定②

 
 この項、前項の続きです。システムのインストール自体は終わっていますが、初回起動を行う前に設定することがあります。
1.5.1 タイムゾーンの設定
1.5.2 初回に起動するサービスの選択
1.5.3 ユーザ追加

1.5.1 タイムゾーンの設定

 タイムゾーンの設定画面が表示されます。  [Asia] を選択して [Enter]

 [Japan] を選択して [Enter]


 [Enter]


1.5.2 初回に起動するサービスの選択

 初回起動時に起動するサービスをきいてきます。  デフォルトで sshd が選択されていますが、これはぜひとも使いたいので選択したままで。あとはお好みで。  わたしはデフォルトのままにしています。  必要であれば、後でインストールすることができます。

1.5.3 ユーザ追加

 初期起動時にユーザを追加しておくかきいてきます。

 追加する場合は [Yes] のまま [Enter] で
 adduser コマンドが起動されますので、その要領で入力します。


 これ以上作成しなくてよいところまで作成すれば [no] で抜けます。