FreeBSD 10.3 RELEASE/サーバ管理ツール Webmin

 
 Webmin はブラウザを通してサーバマシンを管理できるツールです。説明は「Wikipedia」を参照してください。
1. ports
2. /etc/rc.conf の編集
3. 初期設定

1. ports

/usr/ports/sysutils/webmin/
 以下の要領で初期セットアップを行います。

> /usr/local/lib/webmin/setup.sh
    ...
Log file directory [/var/log/webmin]:       ← webmin のログ出力先です
    ...
Full path to perl (default /usr/bin/perl):  ← perl の所在です
    ...
Web server port (default 10000):            ← アクセスするポート番号です
Login name (default admin):                 ← アクセスするユーザ名を入力します
Login password:                                パスワードを入力します
Password again:                                パスワードを再入力します
Use SSL (y/n):                              ← SSL使用の有無です
 ポート番号等、変更可能ですが、ポートスキャンされればポートは確認されてしまいますので、ポート番号を変更するしないより、後述する IP アドレス制限により接続可能なマシンを制限すべきです。  SSL はセキュリティのために使用すべきです。  新たにログファイルが増えますので、「2.3 newsyslog」で、以下のファイルをローテーションさせるようにします。
/var/log/webmin/miniserv.log
/var/log/webmin/webmin.log

2. /etc/rc.conf の編集

 /etc/rc.conf に以下の1行を追加します。

webmin_enable="YES"
 Webmin の起動スクリプトは、/usr/local/etc/rc.d/webmin です。

> /usr/local/etc/rc.d/webmin start
 で起動します。

3. 初期設定

 ブラウザで Webmin にログインします。  https://サーバドメイン名またはIPアドレス:10000/ でログイン画面が表示されます。(ポート番号はデフォルトのままとして記述しています)

 設定したユーザ名とパスワードでログインすると、初期の画面が表示されます。

 Webmin → Change Language and Theme → で「言語とテーマの変更画面」を表示します。
 言語で「Personal choice」を選択し「Japanese(JA_JP.UTF8)」か「Japanese(JA_JP.EUC)」を選択します。  テーマはお好みで。Webmin-1.69 では5つのテーマの中から選ぶことができます。  選択したら「Make Changes」をクリックして変更を反映します。  ブラウザの更新ボタンを押して、更新すると日本語で表示されます。  次に Webmin → Webmin設定 → IPアドレスのアクセス制御で
「リストされたアドレスからのみ許可」を選んで、アクセスを許可するアドレスを絞り込んでください。  セキュリティ上、ここはぜひやっておくべきです。IPアドレスが LAN アドレスであれば、いっそう安心です。  ここまでやっておけば、ある程度の管理はできるようになります。  ただし、ユーザおよびグループの管理はお勧めですが、起動およびシャットダウンやアプリケーションの起動・停止・再起動等は、権限の問題があって、うまく動作しないことがありますので、お勧めしませんし、実行するのであれば、十分に注意を払ってください。