1. はじめに

 
 このページを初めて読む方に・・・。  わたしは、コンピュータ関係の仕事を生業としておりますが、長らく特殊な業務に関係しておりました。自分でパソコンを買ったのは 1998年で、インターネットデビューもそのときでした。それまで、インターネットの世界やパソコンユーザの世界にふれることはなかったのですが。一度足を踏み入れると新しい発見の連続で驚き、驚き。でした。  仕事でインターネットサーバを構築したこともあり、面白くてとうとう、自分でインターネットサーバを構築するところまできてしまいました。  インターネットサーバ構築の際、さまざまな書籍やサイトにお世話になりなんとか運用にこぎつけている次第ですが、その時になんだかもうちょっとわかりやすくして欲しいなとかもっとここを突っ込んで欲しいなという経験がありました。  また、FreeBSD を話題にしているサイトでも FreeBSD 2.2.6-RELEASE など古いバージョンのものが多かったので現状と違っているところも多く、苦労したことがありました。  そんなこんなで、自分の忘備録の意味もこめましてこのページを作り始めたわけです。  これからインターネットサーバを立ち上げてみようという人のなにかのお役に立てれば幸いです。

FreeBSDとは

 FreeBSD は PC/AT 互換機(DOS/V)、DEC Alpha、PC-98 アーキテクチャ用の先進的な BSD UNIX オペレーティングシステムであり, 多くの人たち によって によって保守・開発されています。  PC-98 をいまだにサポートしてるってのがすごいですね。486CPUでもちゃんと動作するようです。この点、多くの Linux は、PentiumIV以上でないとじゃないと、もう動かないとかいう話をよく聞きます。この貧乏人にやさしい FreeBSD ってのがもっともわたし好みなところです。  上記のように、いわゆる PC-98 マシンにも FreeBSD をインストールすることは可能なのですが、ここの話は、ターゲットとして PC/AT 互換機(DOS/V) を想定しています。