FreeBSD 12.0 RELEASE - OS 起動後の基本的な設定 - jman 日本語 man

 
1. 概要
2. ports

1. 概要

 UTF-8 を使用しており、日本語 man を読むのに不自由だと思って、日本語 man をインストールしていなかったのですが。  UTF-8 でも日本語 man が使えるということがわかったので久々にインストールしてみました。  参考にさせていただいたのは以下のサイトです。
FreeBSDで日本語環境(UTF-8対応)を整える」
「FreeBSD 日本語表示に対応させる設定手順

2. ports


/usr/ports/japanese/man/
/usr/ports/japanese/man-doc/
/usr/ports/japanese/groff/
/usr/ports/misc/lv/
 いずれもオプションはデフォルトのままにします。  man(ja-man) と groff(ja-groff) は依存関係にあるので、man(ja-man) をインストールした時点で同時に man-doc、groff(ja-groff) がインストールされます。  と・・・ここでエラー発生。  FreeBSD 11.2 RELEASE では「mail-archive.com」にバージョンとアーキテクチャは異なるものの全く同じ現象が 2018年6月12日時点で発生していましたが・・・。  2018年12月14日時点の FreeBSD 12.0 RELEASE では別の現象?  一応、エラーログを記録しておいて、先へ進みます。

/usr/ports/japanese/man/work/jp-man-1.1j/man/../manpath/manpath.c:30:10: fatal error: 'config.h' file not found
#include "config.h"
         ^~~~~~~~~~
1 error generated.
*** [manpath.o] Error code 1

make[3]: stopped in /usr/ports/japanese/man/work/jp-man-1.1j/man
1 error

make[3]: stopped in /usr/ports/japanese/man/work/jp-man-1.1j/man
*** [all_subdir_man] Error code 2

make[2]: stopped in /usr/ports/japanese/man/work/jp-man-1.1j
1 error

make[2]: stopped in /usr/ports/japanese/man/work/jp-man-1.1j
===> Compilation failed unexpectedly.
Try to set MAKE_JOBS_UNSAFE=yes and rebuild before reporting the failure to
the maintainer.
*** Error code 1

Stop.
make[1]: stopped in /usr/ports/japanese/man
*** Error code 1

Stop.
make: stopped in /usr/ports/japanese/man