FreeBSD 12.0 RELEASE - インストール - タイムゾーンの設定

 
 この項、前項の続きです。
1. タイムゾーン設定
2. 初回に起動するサービスの選択
3. システムセキュリティ強化オプションの選択

1. タイムゾーン設定

 タイムゾーンの設定へと移行します。  「Asia」を選択して Enter
FreeBSD 12.0 RELEASE - タイムゾーン設定 - 地域選択

 「Japan」を選択して Enter

FreeBSD 12.0 RELEASE - タイムゾーン設定 - 国/都市選択

 Enter

FreeBSD 12.0 RELEASE - タイムゾーン設定 - JST 使用選択

 日付があってなければ「Set Date」
 あっていれば「Skip」で Enter

FreeBSD 12.0 RELEASE - タイムゾーン設定 - 日付確認

 時刻があっていなければ「Set Time」
 あっていれば「Skip」で Enter

FreeBSD 12.0 RELEASE - タイムゾーン設定 - 時刻確認

2. 初回に起動するサービスの選択

 初回起動時に起動するサービスをきいてきます。  デフォルトで「sshd」が選択されていますが、これはぜひとも使いたいので選択したままで。あとはお好みで。  「local_unbound」が表示されていますが、これに関しては別途・・・。  こだわりがなければデフォルトのまま Enter
FreeBSD 12.0 RELEASE - 初回に起動するサービスの選択


3. システムセキュリティ強化オプションの選択

 システムセキュリティ強化オプションの選択画面が表示されます。  FreeBSD 11.2 RELEASE より、項目が増えました。  わたしは、「Sendmail の無効」を設定しています。  チェックが終わったら Enter
FreeBSD 12.0 RELEASE - システムセキュリティ強化オプションの選択

 次ページへ続きます。