FreeBSD 11.3 RELEASE - 基本設定 - jman 日本語 man

 
1. 概要
2. インストール
3. /etc/manpath.config の作成
4. ~/.cshrc の編集

1. 概要

 UTF-8 を使用しており、日本語 man を読むのに不自由だと思って、日本語 man をインストールしていなかったのですが。  UTF-8 でも日本語 man が使えるということがわかったので久々にインストールしてみました。  参考にさせていただいたのは以下のサイトです。
FreeBSDで日本語環境(UTF-8対応)を整える」
「FreeBSD 日本語表示に対応させる設定手順

2. インストール


/usr/ports/japanese/man/
/usr/ports/japanese/man-doc/
/usr/ports/japanese/groff/
/usr/ports/misc/lv/
 いずれもオプションはデフォルトのままにします。  FreeBSD 12.0 RELEASE のときには、「/usr/ports/japanese/man」の make でエラーが発生していましたが、FreeBSD 11.3 RELEASE では、エラーは発生していません。  man(ja-man) と groff(ja-groff) は依存関係にあるので、man(ja-man) をインストールした時点で同時に man-doc、groff(ja-groff) がインストールされます。  「japanese/man-doc」のインストール時のメッセージを参考までに掲載しておきます。

nstalling ja-man-doc-5.4.20050911_3...
***********************************************************************
* Japanese online manual has been successfully installed.             *
*                                                                     *
* (1) To read jman(1), use the following command sequence:            *
*        % setenv LC_CTYPE ja_JP.eucJP                                *
*        % setenv PAGER jless                                         *
*        % jman jman                                                  *
*                                                                     *
* (2) For more info, please visit following web page (Japanese):      *
*        Jpman project <URL:http://www.jp.FreeBSD.org/man-jp/>        *
*                                                                     *
* (3) If you have any questions, comments, bug reports, suggestions,  *
*     and/or requests for modifications, please send e-mail to:       *
*        Jpman project mailing list <man-jp@jp.FreeBSD.org>           *
*                                                                     *
***********************************************************************

3. /etc/manpath.config の作成

 jman を表示するには
/etc/manpath.config
 というファイルが必要です。  ファイルがないと

> jman
jman: unable to find the file /etc/manpath.config
 怒られます。  /etc/manpath.config を作成して、以下を記述します。

MANPATH_MAP /bin /usr/share/man
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/man
MANPATH_MAP /usr/bin /usr/share/openssl/man
MANPATH_MAP /usr/local/bin /usr/local/man

4. ~/.cshrc の編集

 以下、UTF-8 で jman を読めるようにする設定です。  シェルがCシェル系であれば、~/.cshrc に以下を記述し

alias  less     lv
alias  jman     env LANG=ja_JP.eucJP jman
setenv LANG     ja_JP.UTF-8
setenv PAGER    lv
setenv LV       '-Ou8'

> source ~/.cshrc
 シェルが bash であれば、~/.bashrc に以下を記述し

alias less='lv'
alias jman='env LANG=ja_JP.eucJP jman'
LANG=ja_JP.UTF-8;     export LANG
PAGER=lv;             export PAGER
LV='-Ou8'             export LV

> source ~/.bashrc
 これで、UTF-8 環境で jman コマンドを使用してマニュアル表示できるようになります。
 
 
カウンタバックグラウンド